2007年12月20日

インドで世界遺産の遺跡を見る(アジャンタ石窟)

さて、世界遺産3箇所目の遺跡は"アジャンタの石窟"です。
ここは、紀元前2世紀に開窟されて以来、7世紀まで。
ワーグラー川に沿って、ヘアピン状に形成された岩肌に
第1窟から28窟までが、非常に長い年月をかけて作られました。
しかし、これだけの岩山を削り出すなんて…人間は凄い!

第1窟では石に描かれた壁画を見ることができます。
高温多湿のインドで、これほど鮮やかな壁画が残っているのが不思議です。
日本では高松塚古墳の壁画が、発掘されたらドンドン色あせたり
黴びに侵されたりしたのに…
(壁画や遺跡を守るため、フラッシュ無し、三脚無しなら撮影ができました。)

悠久のインドの底力を見たようです。

india122001.jpgindia122002.jpgindia122003.jpg

inada_design at 10:12│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔