2007年12月17日

インドで世界遺産の遺跡を見る(カジュラーホ遺跡)

イナダでは時々ですが、メンバーが世界の石を訪ねて旅行に出ます。
先人達の石への思いや技術などを見にゆくのが目的ですが
いつも、人間て凄いなぁと思わせるモノにぶつかります。
今回のインドは、やはり石の国で凄いモノいっぱいでした。
今週は、訪ねた先の石の遺跡をレポートします。

まずは、"カジュラーホ遺跡"です。
この遺跡は、1000年も前に建てられたものでヒンドゥー教とジャイナ教の二つの
宗教寺院が西、東、南とあります。
どれもインドらしい"ミトゥナ像"と呼ばれる大らかなでセクシャルな像が
たくさん彫られています。テーマはともかく
その技術は目を見張りますね。浮き彫りの巧みさが凄い!
また、細かい紋様が一面に彫り込まれていて
往時の方々の信仰への熱い気持ちが伝わって来ます。

イナダも大きな彫刻モノを扱っているので、参考になりました。

india121701.jpgindia121702.jpgindia121701.jpg

inada_design at 12:42│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔