2007年07月03日

あじストーンフェア報告(その2)

"あじストーンフェア"では、石の新たな可能性を探る試みが
いろいろと行われていました。家具や漆器、石材、金属など香川県ならではの
素材や技術を活かしたコラボレート作品もあって見応えがありました。

最近新聞でも紹介されてましたが、伝統工芸品も昔ながらのではなく
クリエーターと一緒に現代的な意匠を持つモノが開発され
ヒットしているようですが、石業界でも意欲的に取り組んでいます。

職人技とアーティストの感性が結びついた作品は
和洋を問わず生活スペースを快適にします。
これは、イナダが作っている"デザイン石"と同じ考えですもんね。
私たちも頑張ります!なんてつい力が入っちゃいました。

石に和の植物を植え付けたのは、やっぱりピッタリですね。
ベランダや玄関など狭スペースを彩るのにいいです。
あじ石+クリエーターが見応えあるんですが…
クリエータの許可なく作品が載せられないのが残念です。
座卓や石火鉢、コンロやハンガーなど挑戦的で美しい作品がいろいろ。

ランプ作品は、流木と組み合わされ、枯れ木に咲く石の花のようでした。
来年も楽しみな"あじストーンフェア"です。

ajiishi7204.jpgajiishi7205.jpgajiishi7206.jpg

inada_design at 10:25│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔