2007年06月26日

大谷石の花壇は、なかなかステキ(その2)

職人さんが作ってくれたブロック花壇は、
芯に鉄筋も入って、かなりしっかりしています。
でも、ブロックの間にセメントもはみ出しているので、まず下地作りです。
金槌で、コンコンとはみ出した部分を削って平らにして、ブラシでほこり払い。
寸法に切った大谷石を仮に並べてみて、予定通りにキレイに貼れるかを確認です。

煉瓦大の石はイイのですが、全面の大きい石は変に置くと折れそうなので
慎重に扱わないと…小さい石も大谷石は脆いので角欠けに注意が必要です。

OK,OK!なかなかイイ感じ。
次に、ブロックの表面にたっぷりとコンクリート用接着剤を塗ります。
パテ状なので、石目に沁みるように押しつけて貼っていきました。
難しい作業じゃないので、のんびりと収めていきます。
みるみる格好良くなります。大谷石の力ですね。
あの無骨な花壇が、和庭園の趣に…(笑)

あんまり良くできたので(自画自賛)、イナダのメニューに加えようかと…
どうですか?大谷石で囲って坪庭。ベランダがグッと変わりますよ。

kadan62504.jpgkadan62505.jpgkadan62506.jpg

inada_design at 10:49│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔