2007年03月23日

新旧対比、中国石の彫刻

中国フェスティバルリポートの最期は、会場で見つけた石の彫刻2体です。
ひとつは石の塔。ビックリするほど詳細で繊細なお仕事。
屋根や欄干まで細かく彫り込まれています。身の丈より低い全長だけに
この細かい細工は大変だと思いますね。
2塔並んでいて、太鼓橋がこれをつないでいるんですが、これも見事です。

もう一つは、F1=フォーミュラーカー。笑っちゃうでしょう?
レーシングカーが丸々一台、石で掘り出してあります。
切り出しと言い磨きといい本物と見間違います。
なんで、F1なのかと言うことはさておき
なんでも彫れる中国の面目躍如ですね。

繊細な昔ながらの意匠を掘り出す力と突拍子もないものを掘り出すこと。
中国の新旧を見たような気がします。
中国、ますます面白いかもしれませんね。

st_fes08.jpgst_fes09.jpg

inada_design at 09:33│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔