2007年01月19日

リストウォッチ・ホルダーをカラフルな石で

先日の"時を刻む石"の記事を見た方々が、「あれはカワイイ!」と誉めてくれたので…
すっかり気をよくして、試作を作ってみようかと
いろいろ考えてみました。

まずは、ベルト部分をクルッとホールドするために
ベルト幅で自然石を削って見ようかと…
金属、革と素材もいろいろなので、ベルトが傷つかないように
この部分はしっかり磨いた方がイイですね。と、A案。
まてよ、時計のケース部分はフラットなんでこの部分をくり抜いたら
結構インパクトがあって良いかも?と、B案。
でも、ケースのカタチもトノー型もあるし、一概に丸く掘ってれば良いモンでも無いなぁ。
ここは、制作も簡単だし、ケースのあたる部分を平らに削って
ベルトを巻く部分を削るのが一番かも?と言うわけで、C案に落ち着きました。

イナダならではの"トルコの石"を使ってカラフルなホルダーを試作してみます。
いろんな石で、10個くらい時計を巻いて並べたら壮観でしょうね?
大きさもレディス、ボーイズ、メンズとあったらイイかもね。

tokeidai01.jpgtokeidai02.jpgtokeidai03.jpg

inada_design at 10:43│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔