2006年11月29日

実は、こうやって作ってるんです。

今日は、工場のスタッフをご紹介しますね。
いつも私の無理な試作依頼を、ニコニコとこなしてくれるK君です。

艶姿はボルドー石を使って、"自然石ライト"を作っているところです。
まずカタチと大きさでライトに向く石を選別します。
(ここからK君の手腕は発揮されます)
底になる部分をダイヤモンドカッターで切り落とし
ボウリング用の機械にセットします。ダイヤモンドカッターとはいえ圧をかけるので
TOPのカタチが尖り気味なモノは、欠けるおそれがあるので神経を使います。

保護用に木のクッションをいれ、石が動かないように
廻りに木のクサビを打って、いよいよボーリング。
作業時は、かなりの熱を持つので、常に水をかけながら削ります。
ボルドーの色が、水に溶けながら流れてきます。
えっ、このまま水を排水溝に流しちゃうの?と
思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
イナダは、環境に配慮した工場になっていますからね。(自慢?)

ボウリングは、穴をまるごと掘ってゆくのではなく
円周上に切り取るので、最期にコンコンと叩き芯を抜き取ります。
抜き取った芯もなかなか良いんですよ。
いつか、これも再利用する方法を考えなくっちゃね。

業師のK君にとっては、どうってことない作業なんでしょうが、センスは問われますからね。
これからもガンバっていろんなモノを
彼と作っていきますので、ご期待くださいね。

k_kun01.jpgk_kun02.jpgk_kun03.jpg

inada_design at 10:51│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔