2006年11月24日

スタイリッシュな、石の灯りができました。 (その3)

今日は、ディテールをご紹介します。
大きさは高さ約30cmほど、5cm角の石柱がライトケースです。
台座は、それよりちょっと大きいサイズ。

ケースの表面は、「ビシャン」と呼ばれる仕上げで凸凹しています。
もちろん、角はキチッと磨き仕上げになっています。
台座は、一転して磨き仕上げです。
でも、ケースと風合いを合わせて鏡面にまでは磨いていません。
この磨きの止めどころが芸なんですねぇ。(笑)
そして、この仕上げ方は、和室、洋室、和家具、洋家具など
場所を選ばずに置けますので、使用範囲も広がって、なかなかイイ感じです。

台座には、ソケット部分がはめ込めるように穴が掘り込んであります。
お納めするときは、ご希望によってソケットを設置して
ライト付きで納入することもできます。
この部分にキャンドルを置くこともできますので、
ライトの組み込みが不要な方もいるのでは?と思い、
ご希望によって、ライト付き、ライト無しを選べるようにしようと思います。

炎の揺らぎがお好きな方は、キャンドルでお楽しみくださいね。

bolight04.jpgbolight05.jpgbolight06.jpg

inada_design at 10:20│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔