2006年10月30日

自然石ライトが出来ました(その3)

先週末は笠間工場に行って技術スタッフといろいろ話してきました。
技術的な限度みたいなモノを設計に活かすためには
こうやって定期的に現場と話すことは良いことだなぁと痛感しました。
相変わらず"Rの魔術師"K君は、飲み込みが早くて頼もしい!
なんで、"Rの魔術師"と呼ばれるか…これは、いつかご紹介しますね。
今日は、本編の話をしなくっちゃ!

電球を仕込むためには高さが必要なので
旧工場の石置き場から適当な大きさの"トルコ産の石"を、
いくつかピックアップしてから本工場に行きました。
とりあえず選んだのは、BORDOとONYX。(ONYXの話はまた今度)
ボルドーは適当な固さもあり、色がピンク系で可愛いので
なんか良いライトになりそうな予感!

で、今日ご紹介のが、このボルドーライトです。
なんか、鉄仮面みたいで面白いでしょう!?
やっぱり懐中電灯と違って電球パワーは絶大で、夜に撮影するとデジカメデータが
オーバー露出になっちゃうので、朝日の中で撮影しました。
でも、なかなかイイ感じ!ボルドーのピンクを受けて、スリットからこぼれ出た光もキレイ。
ちょっと横に向けて、壁面にライトを当ててもイイ感じでした。
中身の電球はミニクリプトン。これはスーパーでも売ってるのでお手軽です。

いま、石のカバーだけで売り出そうか?
電球を仕込んでセットアップで売ろうか検討中。
ご興味のある方はご意見くださいね。

st_light_m01.jpgst_light_m02.jpgst_light_m03.jpg

inada_design at 11:49│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔