2015年07月

2015年07月29日

石で軽味を出す?

近くの大学構内を散歩していたら…
校舎の壁面がとても美しかったので写メ。

優に3階建てくらいある建物に、梁を縦に並べたように
リズム感よく出っ張りが並んでました。
コンクリート製ですが、流行の杉板写し加工が施されていて
板の化石の様で実に良い感じ!

これだけの高さを石で組んだら重厚感は出ますが
こういう軽味は出ないかもしれないですねぇ。
この壁面に軽味は大事です。
そうじゃないと圧迫感があって、この道を通りたくなくなりますもん。

そう思いつつ、そこは石屋。
コンクリートに負けてなるものか!(なんちゃって)
石で軽味を出すには…??
やっぱり、ビシャンでしょうか?
しかし、これだけボリュームがありますからね…。

どんな工夫で軽味が出せるか…なんだか夏休みの宿題になりそう?(汗)

ita001ita002ita003


inada_design at 11:54|この記事のURLComments(0)

2015年07月27日

和アートな「盆石」

先日、「目白庭園」の白外塀の記事をあげましたが…
その時に、目白庭園のHPのイベント情報で
「盆石体験」の記事を拝見しました。

石と砂で絵を描いてみよう!親子で盆石体験♪というワークショップでした。
いやいや愉しそうだなぁと見てみると…
なんと400年の歴史を持つ日本の伝統芸術との事。
私は未体験だったのですが、家元もある立派な芸事なんですねぇ。

ネットで動画を見てみたら…塗り盆に岩や崖を模した自然石をまず置いて
そこに、目の細かい白砂で波や水の流れを描くんですねぇ。
鳥の羽や筆で流れを作り、パラパラと白砂を撒いてしぶきを描いたり
水平線や月を描くには、板や丸穴の型紙を使ったりしますが
ほぼ自由に手描きって感じです。

もう、夏休みですから…
工作や美術の宿題に、いかがでしょうか?
ご興味が湧いたら、ぜひ「盆石」で検索してみてくださいねぇ。
※画像はネットから拝借しました。

bonseki001bonseki002bonseki003

inada_design at 17:12|この記事のURLComments(0)

2015年07月24日

夏に爽やか!石植え込み

しかし、暑いですねぇ。
今日だって暑いのに、明日は猛暑日の予想。クラクラします。

こうなってくると、花好きの私でも色の濃い花は鬱陶しくなりそう。
白っぽい浴衣柄のような淡い色合いの朝顔や
しっとりとした風情の和物の草木が、目に優しい気がします。
ま、こういう方が打ち水にも似合いそうですもんねぇ。

と言う事で、自然石に和な草木を植え込んだ画像で
ちょっと涼をとって戴こうかな〜〜。(笑)

表に置く場合は、雨風に晒した板目なんか似合いますけど…
室内で愉しむには、朱塗りのお盆にレイアウトしても良いですねぇ。

やっぱり、夏は石、水、緑で気分爽やか〜ですね。w

ishiue001ishiue002

inada_design at 11:55|この記事のURLComments(0)

2015年07月21日

はて、何でしょう?

何の変哲もないビニール袋?
石となんか関係あるの?と、お思いでしょうが…
おおいに関係あるんですよ。

実はこれ、野菜や果物の鮮度を保ってくれる保存袋なんですね。
この中に、果物や野菜を入れて、冷蔵庫の野菜室などに入れておくと
なんと、通常より俄然長持ちするんですねぇ。
ビックリするくらい!
広告じゃないんで商品名は書きませんが…
もう、我が家では手放せません。(笑)

で、石との関係ですが…
野菜や果物の傷みの元、老化促進ホルモンやエチレンガスを
吸着透過させる「大谷石」の粉末が
このポリエチレンに加工されているんですねぇ。
そう、石の力で長持ちさせてるんです!
大谷石、偉い!

これを実感した時、石屋としては大谷石を褒めたくなりました!
ま、元々私個人は大谷石好きなんで、余計に嬉しかったんですけどねぇ。
モノが傷みやすい季節が続きますが
これがあれば、安売りをまとめ買いできますね。

hozon001

inada_design at 11:59|この記事のURLComments(2)

2015年07月16日

ちょっと粋な塀

先日、夫婦で外食をして、ほろ酔いで帰ってくる時
「目白庭園」の脇を通りかかりました。
すると、酔眼でも目に留まるキレイな白塀。

それは、夜目にもクッキリとした目立ってイイ感じでしたが
ふと、目をおろすと…
そこには、笹の上に渡された竹が一本。
お!粋ですねぇ。と更に惹かれました。

たった一本の竹でグランドカバーの笹が踏み荒らされませんね。
良いアイディア!
で、この渡された竹を支えてていたのが、粗く削られた御影石。
緑、白、グレーの石。お見事な取り合わせ。
それにしても石と竹一本で、こんな粋な塀になるんですねぇ。w

kakine001kakine002kakine003

inada_design at 16:03|この記事のURLComments(0)

2015年07月14日

対比の美しさ(その3)

暑いですねぇ〜〜。
梅雨の中休みでこの暑さ。夏本番になったらどうなるんでしょう?
特に都市部はアスファルトに覆われて
反射熱が凄くて…下から熱気の渦に包まれてる感じ。

こんな時、雑草の生えた道の方が
目にも気持ちにも良いですよねぇ〜〜〜。
で、この写真。w
交通量の多いメインストリートはアスファルトもしょうがないですが…
ひとたび脇道に入ったらこんな道だったら嬉しい!
自然石が埋め込まれてるので
足の悪い人には申し訳ないですが、きっと少しは涼しいと思いますね。

私見ですが、アスファルトより石の方が暑くないかも?
と言うより、暑さの質が違うような気がします。
あくまで感想で、根拠は無いのですが…(≧∇≦)

しかし、石と緑は親和性が高いですねぇ。
石の白と緑があれば、暑さも和らぐ?
…無理ですかね。今日みたいな暑さじゃ〜。w

italia007italia006

inada_design at 11:40|この記事のURLComments(0)

2015年07月10日

対比の美しさ(その2)

漆喰と自然石の対比は、屋内だけでなく外にもありました。
最初の写真、バルコニーと階段手すりがそれです。
グレー基調の自然石に、真っ白な外漆喰。
そこに緑も加わって、良い感じ〜。

もうひとつは、外漆喰の白い塀に、自然石が積まれて出来た円柱!
これが、ただの壁面だったら…
ま、普通にキレイって感じですが、円柱だとインパクト在りますねぇ。
不揃いの整頓って感じで積まれた石が、なんともキレイ!

italia005italia004

inada_design at 15:59|この記事のURLComments(0)

2015年07月07日

対比の美しさ

春にイタリアに遊びに行った時の写真を整理していて…
面白いなぁと思うものに出会いました。

それが、このアートな壁です。
ひとつは6を横にしたような四角い窓ですが
塗り籠められていて、まるで額縁の様。
でも横棒がはみ出てるし
天と地で石の厚みが違ってるし…不揃いの美ですね。

もうひとつは、アーチ状の潜り戸が半分塗り籠められた様な壁。
でも、しっかり石が組まれ出入りなんて出来ません。
なんとも不思議な景観です。

はじめ、もと修道院で改装されたかで、不自然な残り方をしたのか?
とも思ったんですが…どうも違う様でした。
ま、経緯はともかく、見所は自然石と漆喰の表面の違い。
方や粗く、方や滑らか〜〜。
色もアンダーと白。形状の不思議さに、この対比。
これが、良い感じを醸してるんですねぇ。

こんな、いわば遊び心あふれるアートな壁。
どこかで施工したいなぁ…などと思い、
ついつい写真を整理する手が止まってしまいましたぁ。

italia002italia001



inada_design at 16:46|この記事のURLComments(0)

2015年07月02日

手に汗握る?(笑)

以前に紹介した事もある、バランス・ストーン。
これは、アーティストのGravity Grabさんが
山や川で、そこらにある不揃いの石を、バランス良く積み上がるだけです。(笑)
でも、想像もつかないバランスで組み上がります。
それが、手に汗握っちゃうんですよねぇ。

そっとそっと、息を詰めて…手を放して
そこに次の石を組上げてゆく。
小さな石の上に大きな石を乗せたり…
これが、得も言われぬ美しさなんです。ドラマなんですよねぇ。

でも、やがて風や川の流れが、バランスを崩して
きっと、消えてしまうんでしょうね。
そんな刹那の美がここにあります。

フェイスブックページのアドレスが以下になります。

https://www.facebook.com/GravityGlue
このページには動画も載っています。
仕事の合間にぜひどうぞ。一服の清涼剤ですよぉ。w

glue001

inada_design at 15:17|この記事のURLComments(0)