2015年05月

2015年05月29日

ガーデンショウで学ぶ

先日の事ですが、ガーデンショウに行ってきました。
ひろ〜〜い会場には、大小の庭が設えられていて、愉しかったですね。

バーコラなどの木材製品も楽しく見たのですが…
やっぱり石使いが気になりますねぇ。w
と言う事で、石使いで目に留まったモノをご紹介致します。

まずは、やっぱり「石と水と苔」です。
ガサガサと砕石を並べ、水鉢を置いて所々に苔を配す。
これだけで、どんなに狭いベランダでもイイ感じになりますねぇ。
これは広い庭でも同じ事。狭くっても広くってもOK。
それが、ゴールデンな組み合わせ。もう、鉄板ですね!
あとは、これに竹などが加わると増し増しで〜す。

最後は、シンボルツリーを使ったアイディアがいいですね。
株立ちの樹の回りに大谷石の囲い。
上面に板を置きテーブルを作って、樹の根本には砕石。
これだけで、落ち着ける休憩場所が出来上がります。
木漏れ日の中で味わう珈琲。たまりませんねぇ。

このアイディアは室内でも使えそうです。
大きな鉢植えの回りに、ロの字型にテーブル板を組めば
家のなかでも木陰気分になります。
もちろん、鉢の中にはウッドチップじゃなくて玉砂利か砕石を。
そう、石は忘れちゃ行けませんよ〜。(笑)

garden001garden002garden003


inada_design at 17:45|この記事のURLComments(0)

2015年05月27日

こんなにも石塔が…

根津美術館で見つけた石ネタ。
最後にご報告するのは「石塔・石柱」です。
これらはもともと墳墓にまつわるものなのですが
なぜ、庭園に設えられているのか?
詳しくは判りませんが、造園の石造材としてよく見かけますね。

特に、最後の写真「望柱石」は朝鮮製で、
本来は参道の入り口に標識として置かれるそうですが、
宮殿の入り口などにも使われた様です。
なかなか珍しいもので、私は初めて見ました。
八角形の柱で、頭に擬宝珠。
橋の欄干などで見られるカタチですが
韓国、日本、中国、どこにあってもしっくりしますねぇ。
アジアはひとつって事でしょうか?w

sekitou001sekitou002sekitou003sekitou004sekitou005sekitou006

inada_design at 14:58|この記事のURLComments(0)

2015年05月20日

なんか不思議?

根津美術館では、ちょっと不思議な光景も目にしました。
ひとつは「石の歯車」です。
地面に埋まっていましたが、どう見ても歯車ですよね。
でも、なんで石製?
石の歯車なんて、重いしチップしやすいし…扱いづらいですもん。
聞いた事もありませんよね。
しかし、良い感じに地面に潜り込んで異彩を放っていました。
個人的にグッと来るアイテムです。(笑)
いつか、何に使われて、いまどうしてここにあるのか?
そんな謂われを訊いてみたいです。

もうひとつは手水鉢なんですが…
庭の順路の片隅で、賽銭箱と化していました。(笑)
本来の使い方と関係なく、お賽銭が投げ入れられてる。
しかし、誰も盗まないし、美術館側も片付けない。
あうんの呼吸。(笑)
ま、良い庭ですねぇ〜という観覧者の気持ちなんでしょうね。
日本人ですねぇ。

neduchin002neduchin001

inada_design at 14:59|この記事のURLComments(0)

2015年05月18日

根津美術館は、灯籠の宝庫

根津美術館は館内だけでなく庭園がいいですね。
特にいまの季節は、緑が目に優しくて良い感じです。
そして、緑濃い庭園のあちこちには
意匠に凝った灯籠が置かれ散策の句読点となってました。

小さいのや巨大なもの、風雨に洗われたり苔むしてたり
時代を纏ったその姿には、石屋ならずも目を奪われる事でしょうねぇ。
あれこれ撮影してきましたので
根津美術館灯籠コレクションとしてアップします。
もしかすると撮りもれがあって、もっとあるかもしれません。
梅雨に入る前に、どうぞ灯籠散策してみてください。

turou001turou002turou003turou004turou005turou006turou007turou008turou009

inada_design at 12:37|この記事のURLComments(0)

2015年05月14日

竹垣と玉砂利

カキツバタの季節だから…ちょっと根津美術館に出かけました。
かの有名な尾形光琳の「燕子花」と「紅白梅」が
一緒に見られる機会は、なかなか無いですからねぇ。

で、久しぶりに庭園も堪能しました。
これは、順々にアップしますが…取り敢えず今日はエントランスのネタです。

ご存じ方も多いと思いますが、根津美術館は入り口から
ちょっとした通路を経て券売コーナー、
そして玄関口と通じてるんですが…ここの雰囲気が、なかなか良いです。
向かって右、道路側には竹の「生け垣」。
季節柄、ニョキッとタケノコが顔を出しています。
そして、黒い玉砂利が配されて通路。
この通路の逆側。建物側には「竹垣」が組まれています。
厳密には、建物に丸い竹が貼られているんですが…
そして、同じく黒玉砂利。

これを見て、通路の左右に黒玉砂利が配され
右に「生」=植栽の竹「生け垣」。左に「死」=竹竿状の「竹垣」。
この通路が、生と死とが混じる人の歩みになぞらえられた。
と、そんな風に、私には読み取れたんですが…穿ちすぎでしょうかねぇ?

でも、そんな深読みがしたくなるのが和風意匠の魅力ですね。
しかし、ちょっとした事で奥行きが出る。石と竹が好相性でした。

nezu002nezu001nezu0001

inada_design at 15:09|この記事のURLComments(0)

2015年05月12日

台風対策!石のアンカー

5月だというのに、台風がやってきますね。
東京は夜から明日の朝方に来るそうで…ベランダの植木が心配です。
背の高いのはひっくり返らないように
軽い物は段から落ちたり飛ばされないようにと対策が必要です。

こういう時に、必要な物って閃きますね。
と言う事で、「石のアンカー」を思いつきました!
端物の石をカッターで丸く抜いて、スリットを刻みます。
大きいの小さいの、いろんなサイズがあると良いですね。
で、植木鉢などをロープで固定したら
端っこの結び目にこいつを取り付けるわけです。
バーベルのように何枚も重ねれば、それだけ重くなり
かなり大きな植木鉢でもしっかり支える重しになります。

こんなのがあれば、いろんな物のアンカーとして活躍しそうです。
食べ物屋さんの屋外看板やイーゼルの重し
カメラの三脚の重し
漬け物の重し…あ、これはただの石でいいですね。(笑)

色もいろいろとご用意出来ます。四角も出来ますよ。

taifu001taifu002

inada_design at 15:45|この記事のURLComments(0)

2015年05月08日

目白で石コレ(4)

さて、目白「石コレ」散策も今日で終わりですが
最後は「下落合野鳥の森公園」。
名前に比して、こじんまりした公園ですが
崖下の急斜面に池があって、深い木立に囲まれています。

説明板にはキジバト、スズメ、ウグイス、ツグミ、シジュウカラ
メジロ、ヒヨドリなど季節の野鳥が訪れ…と書いてありますが
珍しい野鳥が来るわけでも無さそうですね。

池の護岸は、玉石の傾斜で良い感じ。
清水も湧き出ていて、石を愛でるには良い感じですが…鳥は居ませんでした。
不思議なのは、池のそこかしこに採石の山が築かれているんです。
これ、なんでしょう?

野鳥の森というくらいですから、なにか鳥のための小山なんでしょうか?
意図は分かりませんが、初めて見たので
野鳥の森のアイコンって感じで目立ちましたね。
鬱蒼とした木々があるので、夏日でも涼しくていいかもしれません。

と言うわけで、目白周辺の石コレ案内でした。w

yatyou001yatyou002yatyou003

inada_design at 11:16|この記事のURLComments(0)

2015年05月07日

目白で石コレ(3)

長いゴールデンウィーク休暇中も、あちこちで"石コレ"三昧でした〜。w
おいおい紹介していきますが…まずは、目白石コレの続き。

新目白通りから一歩入ったところにある「薬王院」はボタンで有名です。
私もボタン目当てに自転車を走らせて行ったんですが…
GWは、もうボタンは終わりでした。
4月20日から25日頃が見頃だったらしく
連休になるのを待って行っても時は遅し!
萎れた花はみんなカットされて、残念な結果でしたねぇ。

ま、でもキレイな石積みと灯籠を写メコレ出来たのがラッキーでした。
参道からの門を見てもらうと判りますが、
静かな時が流れる、なかなか心落ち着く場所でした。
ボタンは無くとも、この時間の流れに身を置いて
新緑に映える石をご覧くださいね。気持ち良いですよぉ。

yakuouin001yakuouin002












yakuouin003yakuouin004

inada_design at 16:38|この記事のURLComments(0)