2013年11月

2013年11月29日

プレゼントは、やっぱりバラ

早いもので、もう11月も月末。来週からは、師走ですねぇ。
12月は、クリスチャンでなくとも、
プレゼント交換やクリスマスイベントが楽しみ〜〜という
カップルやご家族が多い事でしょうねぇ。w

で、そんなプレゼントアイテム候補に「石」はいかがと思いまして…
取り敢えずは、取っつきやすく「砂漠のバラ」のご紹介です。
これは、ずいぶん以前より広く知られていますが
サハラ砂漠などで地中から発見されるバラ型の結晶石なんです。
英語読みでデザート・ローズとかサンド・ローズとも呼ばれています。

生成の過程を長く説明するのは控えますが
水の溶けたミネラルが結晶化するので、この石が見つかるところは
昔は水があった、いわゆるオアシスと言う事です。
なんかロマンがありますよねぇ。で、乙女心が騒ぐバラ型。w
ちょっと、キュンとしますでしょ?(笑)

採れた産地によって色も形も様々です。
ひとつとして同じカタチがないのもいいですよね。
チョコレート菓子みたいに儚そうなところも、なんかそそられます。
プレゼントに、こんな「石アイテム」いかがでしょうか?

desertrose001desertrose002desertrose003


inada_design at 14:32|この記事のURLComments(0)

2013年11月26日

濡れた石はキレイ!

昨日の雨で洗われて、柔らかい朝日を浴びる石。
キレイですよねぇ。
外に置かれた石は、晴れた日と雨の日では表情が違います。
概して雨の日の方が石がキレイな気がします。
ホコリが落ちて、石本来の色が浮かび上がるからなんでしょうね。

朝起きて、そんな事を考えていたら…
本社から写メが届きました。水槽の中の石。
これは、究極の濡れた石ですねぇ。(笑)

まるで石の標本みたいに,いろんな石が沈んでいます。
みんな色の彩度があがってキレイです。
なんだか魚が居なくても、石の水槽があるだけで和みそう〜。
って、私だけ?

suisou001suisou002suisou003

inada_design at 10:33|この記事のURLComments(0)

2013年11月25日

石は想い出

毎日新聞に、南極観測で採取した石が設置されたという記事がありました。
なんでも、南極や北極の観測・研究機関である
「国立極地研究所」(立川市)が、2009年まであった板橋区の場所に
記念として設置した模様。
想い出の地に、石を寄贈したという事のようです。
石って言うところに惹かれますね。(笑)

ま、かく言う私も、旅に出ると旅先で小さな石を拾って来ます。
なんの変哲も無い石だと手が伸びませんが
ちょっと色がきれいだったり、カタチが面白かったりすると
実に良い感じの"想い出石"となります。

きれいな木製の台座に接着剤で留めたりして愉しんでいます。
名付けて「野石」。w
特に海外で取得した野石は、色や材が変わっていて良い感じです。
皆さんも、旅に出たら石をひとつお土産にゲットしてみてくださいね。

nankyoku001

inada_design at 14:32|この記事のURLComments(0)

2013年11月21日

最近、はやり?

またもや、建物と道路境界のニッチスペースに
砕石が詰められているのを見つけました。
境界には、塀代わりに焼き板の立ち上げがあって
その内側にギッシリ。w
石を割ったように顔を出す植物も良い感じです。

この手は軽井沢で発見して以来、あちこちで見るようになりました。
最近流行ってるんでしょうか?
個人的には、好きな景観なので増えて欲しいですねぇ。

bouhan1110

inada_design at 10:23|この記事のURLComments(0)

2013年11月19日

江ノ島、石巡り

鎌倉から江ノ島にまわり、秋の海辺を愉しんで来ましたが…
そこは石屋。やっぱり、石には目が行っちゃいます。w

なんたって、日本三大弁財天がありますからねぇ。
で、いつになくオーソドックスな石模様をお伝えします。
まずは、弁天様と童子像。
そして、龍頭とおまけの灯籠。

彫像のタッチの違いを見たり、素材を比べたり
歴史を紐解いたり…見所もあるし
秋の休日を愉しむのに、江ノ島は近くて良いですね。

enoshima002enoshima003enoshima001

inada_design at 10:51|この記事のURLComments(0)

2013年11月18日

久しぶりの灯籠コレクション

この週末、小春日和に誘われて鎌倉〜江ノ島巡りをしてきました。
で、見つけた灯籠コレクションです。
アップするの久しぶりだなー。w

最初のはノッポさんです。
上部は春日灯籠様式なんですが
階段ピラミッド様な下部のデザインが珍しいですねぇ。

真ん中は、「笠」の苔のむし方がいいですね。
「竿」と呼ばれる下部が末広がりなのも見所です。

最後は、実用的な「火袋」が基礎台の上に乗っかった感じ。
ちょっと今風のデザインですね。

ひっくり返して記事を見ないと何とも言えませんが…
結構、灯籠コレクションも充実してきたかも?

tourou111801tourou111802tourou111803

inada_design at 11:43|この記事のURLComments(0)

2013年11月14日

「!」の代わりに。

先日とは別の建物ですが…
全面ガラス前に、サイコロ型の石が3つ置いてあるのを見ました。
うん?デザイン?と思いましたが、違いますよね。

きっと入り口と間違えて、ガラス面に激突しないように
さりげなく注意喚起してるんですね。
オシャレな建物に「ガラス注意」の張り紙じゃ台無し。
かといって、目の高さにシールなどを貼るのも
オシャレにすればするほど目立たなくなって役立ちませんものね。

そこにいくと、この方法はオシャレでありながら
注意喚起が出来て、なかなかいい手ですよねぇ。
ちょっと感心しちゃいました。

icon1115

inada_design at 10:14|この記事のURLComments(0)

2013年11月12日

塀よりいいかも?

ふと、通りかかった道で見つけました。

まだ新しい建物の縁石には塀が無く、
植え込みと共に御影石の柱が幾本か立っていました。
表面は、粗めのビシャン仕上げで
なかなか風合いがあります。

ちょっと離れた所にも、幾本か立っていて
全面に並べずにリズムが感じられるところがいいですねぇ。
龍のヒゲのグリーンとも相性が良く、いい彩りです。
あちこちに置かれている丸石もいい感じ。

狭いニッチスペースは、きっちり塀を作っちゃうと
完全にデッドスペースになっちゃいますが
こうして石柱でアクセントをつけると
オープンスペースとなって、植栽も生きますね。
経費もお安く済むし、良いアイディアです。

hashira001hashira002

inada_design at 10:35|この記事のURLComments(0)

2013年11月11日

石に咲く花

ギャラリーの外、ニッチスペースには
大谷石を使った直方体の鉢が点在しています。
少しずつ高さが違っていて、鉢周りには黒玉砂利が配されています。

経年変化を見るために、ほったらかしなんですけどね。(汗)
ここ何年もの風雨に晒され、大谷石特有の淡い色も抜けちゃって
灰褐色になり、ミソと呼ばれる柔らかい部分も
風化して欠損しています。でも、ちょっと磨くと少し復活するんですよ。
でも、あえてこのままにしています。

だから、植え込んでいるのも多肉植物ばかり。
特に水遣りもせず、自然の雨だけが頼り
それでも、今夏の暑さにもまけず、ピンクの花が咲きました。
ハート型の葉っぱの縁取りもピンクで
微妙にグレーがかった鉢色と合うような気がします。

こんな、ほっとく感じは、なかなか手入れが行き届かない
狭〜〜いベランダにいいですよ。
ふと気づいたら花が咲いてた。鉢も感じが変わったー。
なんて、サプライズかも?(笑)

ooya111101ooya111102

inada_design at 10:32|この記事のURLComments(0)

2013年11月08日

石が織りなす風景

石というのは、それだけで魅力的なんですが…
全面、石だけというのも味気ないもんかもしれませんね。

で、異素材が間に入るとグッと魅力が増すよなぁ
と、このブログでも年中つぶやいてるんですが…(*^^)v
時々、我が意を得るような風景にぶつかる事がありますねぇ。

今日は、そんな風景をふたつ。
ひとつは、水面に浮かぶ(?)飛び石です。
手前の岸から階段状に丸石が置かれ景色になっていますが
小池を跨ぐように飛び石が連なります。
一直線ではなく、自然に置かれた様に並び良い感じです。
高さも微妙にデコボコしていて、見た目にゆらぎのリズムがあります。
見てるだけで、チョチョイのチョイとリズム良く渡れそう。
そんなイメージがあって愉しいですね。

もうひとつは、アスファルト様に小砂利が固められた遊歩道。
でも、まるで枕木の様に木が植わっています。
これがリズムの良い景色になっていて、歩くの愉しそう。

やっぱり、水や木と石が織りなす景色は和むなぁ。

fukei001fukei002

inada_design at 15:24|この記事のURLComments(0)