2013年10月

2013年10月07日

お白石持行事に参加いたしました

今年は、社殿を造り替える20年に一度の「式年遷宮」の大祭が行われるので
お伊勢さんに、何かと注目が集まり、大勢の人が訪れているようですね。

先日は、「お白石持行事」も行われて、全国から延べ23万人も集まったそうです。
そして、当社社長も「一日神領民」として参加してまいりました。

簡易宿舎の様なところに泊まり、早朝から行事。
「奉曳き車」という巨大な木製のリヤカーに積まれた「お白石」を
外宮まで曳き、そこで受けとるのです。
この石、大台ヶ原を源とする宮川流域で拾い集められたモノとの事。
これをひとり一個受け、新しい茅葺き神殿作りの御社殿に納めるのですが
23万個の白石が、ご正殿周りに敷かれる様は神々しかったそうです。

古来から、大切な事は石に刻まれ、神事にも何かしら「石」が絡みます。
日本人にとって、石は神聖なモノなんですよねぇ。
そんな石を身近に。そう思いつつ、あれこれ石使いのアイディアご紹介したり
アイテムを作ったりしているのが、当サイトです。
これからも、いろいろと提案していきますねぇ。w

神事につき、撮影はできませんでしたので、
画像は、http://isesengu.jp/index.html から拝借しております。

oisesanshiraishi


inada_design at 11:25|この記事のURLComments(0)

2013年10月04日

雨だれを楽しむ装置?

美術館などの美しい建築には、無駄がありませんね。
例えばエアコンのダクトノズルとか、雨樋とか…

これらがないだけで、建物ががスッキリしていいです。
でも、雨樋が無いと言うことは…
ひさしから雨がこぼれ落ちるって事ですよねぇ。
でも、これが雨だれの音になって、風情があっていいです。
雨だれの音に耳を澄ます。秋に相応しくないですか?

でも、雨だれは"泥跳ね"を呼び、周辺が汚れるのと
案外強い力で、地面がえぐれてしまいます。
これを防ぐためでしょうか?雨樋が無い施設は、
ご覧のように、石をとても巧く使っています。
そして、この石達が苔むして
石の間から植物も顔を出して…いい感じです。

都市部では見ないですが、雨を楽しむ心意気が見えて良いですねぇ。

amadare001amadare002


inada_design at 11:57|この記事のURLComments(0)

2013年10月01日

これぞ別荘!

軽井沢で見つけた、古い別荘ですが…
壁面が、なんと石積み!うわ〜、いい感じですねぇ。
人様のお家なので、近くから拝見することは叶いませんが
遠くから見ていても趣があります。

別荘ですから、非日常感があった方がいいですよねぇ。
きっと、それが石積みの館になったんでしょう。
自分が石屋だけに、ログキャビンより、こっちの方が好き!

なんか、日本じゃない風景に見えてきます。
住む人のお人柄が出ていて、いいなぁ。
こういう別荘持ちたいけど…いつになることやらですね。w

bessou002bessou001

inada_design at 14:31|この記事のURLComments(0)