2013年04月

2013年04月30日

石に新緑はよく似合う!

ゴールデンウィークも前半は終了して、ちょうど今は谷間の平日ですね。
ここもお休みして大型休暇の方もいらっしゃるんでしょうねぇ。
イナダは、暦通りのお休みです。w

今日は、天気が思わしくないですが…
今の季節、新緑が目に映えて気持ちが良いですよね。
ゴールデンウィークの後半は、天気も良いらしいので、
今の季節らしい新緑をお楽しみください。

とは言っても、渋滞が嫌で遠くまで出ないよ〜と言う方。
都会の庭園で新緑を味わう技をお教えします。w
それは、ホテル。
やはり、日本のホテルは海外のお客様を愉しませるために
必ずと言っていいほど日本庭園風の設えがあります。
例えば、ご紹介の庭園は、先日うかがったANAインターコンチですが
ホテルの一角とも思えないですよね。
これは、レストランからの眺めですが、実にいい感じ。
他のホテルでは高層階に空中庭園があったりもしますね。

石屋が萌える庭園風景を、お近くのホテルでお茶一杯で愉しんじゃう。
これ、薫風を味わう裏技かも?

anatsuboniwa001anatsuboniwa002anatsuboniwa003


inada_design at 14:34|この記事のURLComments(0)

2013年04月25日

野面積みが美しい!

先日、所用があって国立に行きましたが、武蔵野の面影があって良い街ですね。
で、旧家の広さにビックリしました。都心じゃ考えられない広さ!
しかも、それを高い塀などで囲わず、背の低い石垣だけ。
いやぁ、いい感じでした。
ご覧のように、樹の大きさに比して石垣が低いですよね。
近寄ってみると、この石が案外デカイです。インパクトありです!

自然石をそのまま積み上げた「野面積み(のづらづみ)」で
石のカタチが、まちまちで美しい。こういうのは、石垣フェチとしては大好き!
大昔、お城の石垣としては、石のカタチの統一性が無く
隙間や出っ張りが出来て、敵に登られやすいと嫌われた積み方ですが
こういう地境にはいいですよね。
なんと言っても排水性に優れているのでエコでいいです。
石の間から植物が顔を出すのもいい感じ。

ちょっと覗いてみると、内側にも石が積まれ
その間にきっちりと土盛りされています、これで、石が動かずガッチリします。
セオリー通りの野面積みですねぇ。良い職人さんの技かも?

nozura001nozura002nozura003

inada_design at 11:05|この記事のURLComments(0)

2013年04月23日

石のカブトはモダンに

一昨日は冬の寒さで、寒の戻りと言うには余りに厳しい温度でしたね。
今日あたりから少し暖かさも戻ったようです。
もう間もなくゴールデン・ウィークですからねぇ。暖かくなって欲しいです。
GWと言えば、端午の節句。
小さい男の子さんの居る家では、丈夫に育つようにと
鎧甲を飾る事でしょうねぇ。

そこで、私も昔を懐かしみつつ…現代のカブトを石で作ったら?と、考えて見ました。
リアルに作ったんでは面白くないので
ちょっとモダンに、オブジェっぽいのを考えて見ました。

最初は台形にカットした土台に、オーソドックスな立物(たてもの)。
次は、ゆるい三角錐に三角板の立物をあしらったもの。
最後は、球形の土台に三日月形の前立物を貼り付けたもの。

いずれも土台になる石は黒御影石。ちょっとキラが入っているとなおいい感じ!
角のように差し込む"立物"は緑や赤などで考えています。
まぁ、大きさも小振りで扱いやすい大きさにと思っています。
床の間に堂々と置くと言うより、玄関の小さなスペースや
階段の踊り場、チェストの上などに置く小さい物。

でも、モダンで気が利いてると思いませんか?←って、自画自賛。w

kabuto001kabuto002kabuto003

inada_design at 15:09|この記事のURLComments(0)

2013年04月22日

大聖堂は、やっぱり石がいい

結婚式で、文京区にある「東京カテドラル聖マリア大聖堂」行きました。
この大聖堂は、丹下健三の手によって1964年に落成した由緒ある建物です。
カソリック教徒の礼拝のための聖堂ですが
信者以外の結婚式もあげる事ができるんですね。
そして、ラッキーな事に、式の参列者のみ内部の撮影が許可されました。
ただし、一眼レフカメラは不可ですけど…で、写メ。

高い天井に向かって三角形にすぼまっていくデザインは
逆に天空の光が岩を割って拓いてる様子にも見えて
キリスト教徒でなくても、なかなか敬虔な気持ちになりますね。
この壁面がコンクリート打ちっ放しという
設計当時としては大変にモダンだったと思うのですが
やっぱり、石屋としては石壁で逢って欲しかったですねぇ。w

じゃぁ、何の石が良いか?夢想しちゃいました。
大理石じゃないですよね。
やっぱり日本的な石が似つかわしいと思います。
でも大谷石じゃ、強度面だけでなくカソリック的でないかもしれません。
稲田石?小松?
あれこれ考えても、パッとは閃きませんでした。
でも、丹下健三の向こうを張って、壁面の石を考える時間は
ちょっと愉しかったですね。引き続き夢想してみます。w

catedral001

inada_design at 11:47|この記事のURLComments(0)

2013年04月19日

博物館で、石萌え〜

昨日は良い天気の中。トーハク(東京国立博物館)に出かけました。
「大神社展」という催しで、国宝の祭事物が一同に集まり見応え満点でした。
しかし、古人の技には瞠目しますね。

そして、この展示が行われてるトーハク自体がスゴイです。
手の込んだ意匠にカタチ作られた石の建物。
石屋は萌えます。w

そして、外には18世紀の朝鮮時代の石像がさりげなく置かれていました。
海外の方には見分けがつかないかもしれませんが
我々日本人から見ると一目瞭然、韓国の意匠ですね。
引いた絵で見ると、ちょっと日本には見えませんねぇ。w
「文官」の顔立ちも「羊」の顔立ちも、ちょっと「和」じゃないですね。

これから東京は新緑の季節を迎えますが
トーハクで、こんな「石」に触れるのも愉しいですよぉ〜!

tohhaku001tohhaku002tohhaku003

inada_design at 17:26|この記事のURLComments(0)

2013年04月16日

小松の記念碑

本社のお仕事も、ちょっとご紹介。
写真の記念碑は、水城高校橋本監督の碑です。
橋本監督は水戸商時代に巨人軍の大久保をはじめ
阪神の井川などを育てた監督で、甲子園でも有名な方でした。

さて、この記念碑は、台は稲田石。石碑は本小松で作りました。
そこで、ちょっと「小松」の話。

小松の魅了は、やっぱり時間と共に変化するところですね。
年を経て時間が石の表情を育て。そして、その味がよく出るのが小松ですね。
この碑のように、屋外にあると太陽の光を受け
春夏秋冬で、生きてるように表情を変えます。
このあたりが、立派な墓石をはじめ帰任碑に小松が選ばれる理由ですね。

磨けば、緑がかった灰色の小松ですが
原石のままですと、ご覧のように茶色です。
日本人の心にグッと来る、いわばワビサビの色ですね。
そして、少しずつ風化して、柔らかく温かみのある色に変化していきます。

出来たばかりのこの碑も、いつかもっと味わい深くなる事と思いますね。

sekihi001sekihi002sekihi003

inada_design at 18:07|この記事のURLComments(0)

2013年04月15日

時代がつくという事

下高井戸、甲州街道沿いにある、お取引先の石材小売店。
その玄関にある狛犬。阿吽(あうん)でお出迎えしています。
なかなか風格のある出来ですよねぇ。いい感じ。

石は、昔の岡崎産。
雨風に晒されて、いい感じに"時代"がついています。
うっすらと苔も生えていて、なかなかですね。
そのせいか?時々、売って欲しいと言われるそうです。w

やっぱり、石モノは出来たてよりも、しばらく経ったモノの方が良いです。
鏡面仕上げでないモノは、特にそう感じますね。
たっぷりと苔でも生えた日には、もう相当なお値段になりますから…

巷間、苔を早く生やすには、米のとぎ汁をかけるといいと言われています。
きっと養分が豊富って事でしょうか?
我が家でも、小さな灯籠に、気がついた時は、とぎ汁をかけていますが
なかなか苔が生えてくれません。
そう簡単に時代はついてくれないんですねぇ。

aun001aun002aun003

inada_design at 14:49|この記事のURLComments(0)

2013年04月12日

小石が柄で、いい感じ!

先日、「soil」を戴きました。
ところで「soil」って、ご存じでしょうか?
珪藻土を焼き固めたモノで、その吸湿性、吸臭性から
実は、色々なモノが作られています。

例えば、バス関連商品。
ソープ・ディッシュからバスマット、シャンプートレイまで多様。
いずれも吸収性が良いので黴びないんですよね。
吸臭性・吸湿性では、ドライングブロックとしてワードローブに置いたり。

ま、でも「土」であって「石」ではありません。
では、何で石ブログに?
じつは、最近小石が混じったモノが出来たんですよねぇ。
バスマットなら、なんとなく足つぼマッサージかな?
と、思えるんですが…
ソープ・ディッシュ等の小物にも。

これはいったい何のお役立ち??
でも、見た目はグッド!
立体ドット柄のようで、良いアクセントです!
石屋としては、こっちのアイテムに萌え〜ですね。w

趣味で陶芸などおやりになる方。
いかがでしょうか?こんな風に作品のアクセントに小石をお使いになるのは?

soil001soil002

inada_design at 15:09|この記事のURLComments(0)

2013年04月10日

家と石は仲良し

House Living報告の最後は、やっぱり「建材」です。

やっぱり、家造りには「石」は欠かせませんね。
展示会では、いろいろ新しい試みを見ましたが…
オーソドックスなところにも、
どんな石を使うかで、家の印象はずいぶんと変わるような気がします。
イナダでも、建材用の石は色々と扱っています。
ご覧のように、カタチも種類、色も様々です。

床や壁面用は作業がしやすいようにシート貼りになっています。
ニッチスペースのどこかに、こういう石シートを貼ると
ググッと重厚感が増したりもします。

ま、このデザイン石のサイトでは、これらの材を使って、
なにか、新しい試みにもチャレンジしたいと思います。
さて、言った手前…考えて近々発表するつもりでおりますが
果たして、良いのが思い浮かぶか?
"試金石"ですね。w

zai041001zai041002zai041003

inada_design at 16:39|この記事のURLComments(0)

2013年04月09日

縁の下の力持ち

House Living報告第4弾は「縁側」です。

昔の建物には、外に張り出したカタチの「濡れ縁」が結構ありました。
庭仕事の合間に、ちょん掛けして休憩したり
近所の知り合いなら、ここで茶飲み話をしたり…
家の中、外が曖昧で、いい感じのスペースでしたね。

「縁側」は、これを家の中に取り入れた感じで
ちょっと目には外廊下のように見えます。
でも、夏の暑い日差しを防ぐし、内側の障子との間が
ベランダっぽくて、使い勝手がいいんですよね。

そんな「縁側」に付きものが「束石」や「沓脱石」ですね。
ここに石があるのと無いのでは大違いです!
House Livingでは、現代的な感じに仕上がっていていい感じでした。

まずは。縁側が低く設えられていて、垣根が低い感じ。
ですから束石と言うより、白石が縁の下の力持ちとして活躍してました。
所々、柱の下には黒くしっかりとした束石。
このコントラストがいい感じ!
靴脱ぎも、やっぱり自然石の方がいいですねぇ。コンクリじゃ、やっぱり味気ない!

大開口のリビングと繫がった「縁」には、足元に黒玉砂利。
石貼りの小庭と境にアクセント!
故きを温ねて新しきを知る。昔の意匠を現代に蘇らせると愉しいですね。

engawa002engawa001engawa003

inada_design at 14:55|この記事のURLComments(0)