2012年12月

2012年12月05日

大型機械に萌え〜、大人の工場見学

いま、TVの情報バラエティ番組では「工場見学」が受けていますね。
僕たちが子供の頃には"社会科見学"と称し、授業の一環で
町のケーキ工場などに行き、その工程を目の当たりにして、大きな驚きを得ましたが
いまや、それが手軽に見られるんですもんねぇ。
舞台裏は、年月が経っても、年齢を重ねても、ちょっとワクワクするんです。

特に、プロの仕事に合わせた、見慣れない機械のある工場は
大人になっても、テンションがあがります。
毎日、その場で働く方々は、見慣れた普通の景色であっても
門外漢は、ある種の感動を覚えます。

お菓子や食品工場は、お土産まで貰えて、お子様にも人気ですね。
そこに行くと、石の工場は地味?と、思われがちですが…
なかなかどうして、大型機械がカット・磨きと大活躍して
大人の工場見学という趣なんですよ。大型機械に萌え〜です。(笑)

ま、冬でも水が流れ、そのうえ大きく開口があるので
ちょっと厳しい環境ですけどね。

koujoh02koujoh01


inada_design at 14:53|この記事のURLComments(0)

2012年12月03日

寒〜〜〜っ!

今日の東京は寒いですねぇ。
今週末は、もっと寒くなるらしく…いよいよ、冬本番って感じです。
そんな折、街角で「石のベンチ」を発見!

うわぁ〜〜、寒そう!!
お尻が冷たくて、とても座れそうもないですねぇ。
見てるだけでも冷たそう。
でも、形状は良いですね。景観的にはお役立ちです!

石のベンチは、メンテも楽だし、風雪に耐えて劣化しづらいので良いですが
季節的には、役立つ時間が少ないのが難点ですね。
夏は熱くて座れないし、冬は凍りそう。
四季の内、二季しか愉しめないのが課題です。
と言うことは…アートとして、景観のポイントになることが大事ですね。
イナダでも、アートなベンチを考えていこうと思います。

あとは…節電の折、こんなこと考えちゃダメでしょうが
床暖房みたいに、暖かい石のベンチが
太陽光発電などで出来たら良いですねぇ。と、ちょっと夢物語。

24bench00124bench002

inada_design at 10:54|この記事のURLComments(0)