2012年11月

2012年11月12日

背が高いと明るい

今年も、あと2ヶ月を切って、なんだか気持ちは忙しないですね。
でも、12月に入ると、あちこちでパーティがあったり
お家でも、家族や仲間とのクリスマス・イベントがあったり
愉しいこともたくさんありますね。

そんな時、ちょっと照明を落として、キャンドルの灯のもとで
食事をするのは、非日常感があっていいもんです。
イナダでは、イベント用に石のキャンドル・スタンドをあれこれ用意しています。
手に入りやすいのと、色がカラフルで楽しいので
丸くて平べったい「ティー・キャンドル」用のスタンドが多いです。
でも、低いキャンドルスタンドは、手元灯りになるので
食卓全体を照らしません。
そこで、ティーキャンドル用で、背の高いスタンドも作っています。
テーブルの外に置くタイプや、順々に高くなるスタンドなど…
この辺りは、カタログやHPでご覧くださいませ。

さて今日は、よりテーブルを明るくしてくれる
背の高い棒状のキャンドルを立てるスタンドを考えて見ました。
口径が細いので、自立するのが難しいかな?
と言うことで、何本か背の高さが違うモノを纏めて
石用の接着剤で留めて見たら面白いかな?と思いつきました。

待てよ、これって何かに似てるなぁ…
そうだ、雅楽で使われる「笙の笛」みたいです。
うん、じゃぁ洋のテーブルセッティングだけでなく
和の食卓にも似合うかもしれません!

クリスマスや、お正月用に、背の高いキャンドル・スタンド。いかがでしょう?

sho002sho001sho003


inada_design at 11:10|この記事のURLComments(0)

2012年11月08日

溶岩は偉いなぁ

クルマで移動中のラジオで、たまたま溶岩の特性を聴きました。
ま、石鹸含有の話だったんですが…
多孔質のこの石は、吸水性に優れているので
美容石鹸や天然素材石鹸に使われていて、
お肌にも地球にも良いと言うようなお話しでした。

それで、ふと思ったんですが…
これから、冬の乾燥した季節を迎える時に
この溶岩を活用したらどうかなぁ。
吸水という部分では、床下に敷き詰めて、
湿気を吸い晴れた日には吐き出す。そういう役割に使えますが、
保湿で考えると、格好いい器にゴロゴロと溶岩を入れ
ここに水をしませたら良いかも?
多孔に水がたまり、ジワジワと蒸発して
適度にお部屋に湿り気を供給してくれそうです。

見栄えの良い溶岩の小石や、大きめの溶岩の固まりを
オブジェの様な石の器に詰めてたら、格好いい天然保湿器になりそうです。
このあたりは、おいおいスケッチを描いてみますね。

kazandan001kazandan002

inada_design at 14:30|この記事のURLComments(0)

2012年11月06日

石のチーズ?

今日も、ちょっとアートづいてますが…
ふと、「石のチーズ」があったら面白いかも?なんて思っちゃいました。
そう、よくネズミのアニメと絡んで出てくる
あの穴あきのチーズです。
三角柱のあちこちに、大小様々な穴あけて…どうでしょう?
貫通穴だったり、抜けていない穴があったりして
鉛筆を立てたらいいかなぁ?と、差そうとしても
途中で止まっちゃったりして、鉛筆が立たない!なんて事も。
黒ヒゲ危機一髪ゲームみたい?(笑)
だから、実用と言うよりは遊びのオブジェなんですが…
こんなのがデスクに有ったら愉しくないですか?

じゃぁ、ついでにキューブ型とオーブ型。
もしかして、サイコロやボーリングの玉に見えます?
でも、穴の大きさや場所がランダムです。

ストレス過多の人は、サイズの合う穴に指を入れたら
石を通じて太古の息吹が伝わってきて、落ち着くかもしれませんよ。(笑)

あ、だんだんチーズから脱線しちゃった。(汗)

hole001hole002hole003

inada_design at 11:33|この記事のURLComments(0)

2012年11月05日

お家の壁を芸術品に

街では、アートイベントが花盛りで
あちこちの美術館やホールで、多彩な催し物や展示が開かれています。
先日も、東京ミッドタウンで開催されていた
DESIGN TIDE TOKYOを観に行って、色々と刺激を受けてきました。
また、LOFT等のショップでも、アート商品が売られていて愉しいです!
秋は、良いですねぇ。

そんな、アートな世界に触れたからか?
私も石を使ってアートな事をしてみたくなっちゃいました。(笑)

まずは、なんの変哲もない家の壁に
丸くカットした石板を貼って、ドット柄の壁にしてみようかな?
黒御影とインペリアルレッドででシックに攻めてみて…
こうして規則正しく丸石を貼るだけで
なんだか、壁がアートになるから不思議です。
トイレとか、小さな壁面で、まずはお試しください。
きっと良い感じになりますよぉ。

ところによっては、音符のように流れるイメージ貼ってみるのも愉しいでしょうね。
しっかり接着すれば、小物やバックも提げられます。
帽子やハットをチョンとかけてもいいかも?
そんな実用ににもなる、簡単アート。
芸術の秋に、お試し戴くのもイイかもしれません。

dot01dot02

inada_design at 12:11|この記事のURLComments(0)

2012年11月01日

ビーズクッションで寒さ知らず

段々と秋も深まってきて、少しづつ空気も冷えてきたようです。
こうなると、石の椅子も辛くなるなぁ…
などと思って居たら、先日買ったビーズクッションを思い出して閃きました!

座面を丸く掘り下げて、クッションが埋まるようにすれば
石が冷たくなる季節でもOKです。
しかも、このクッションをビーズタイプにすれば
自分なりの座るポジションが作れます。
しかも、しかも!ビビッドなビタミンカラーにすれば愉しい!

そんなわけで、習作スケッチしてみました。
高さはどれくらいが良いかな?座面の角寸法は?
など思いつくままにザラッと描いていて…
そういえば、足を揃えて座ると直方体だとカカトが当たりますね。
そこで、ちょっとテーパーを付けてみました。
うん、見た目もいいかも?

じゃぁ、いっそのことカカト分を凹ましてみる?
う〜〜ん、角が尖りすぎて危なそうだな。

てなワケで、取り敢えず2番目がいいかな?

chair01chair02chair03

inada_design at 15:42|この記事のURLComments(0)