2012年01月

2012年01月11日

石の時間

冬休みの間に、ちょっと美術館巡りをしていました。
そのうちの東京都現代美術館に行った時ですが、企画展のチケットで
常設展の作品も鑑賞できると聞き、寄ってみたところ
「MOTコレクション 木の時間、石の時間」というのをやっていました。
"石の時間"という言葉は、石屋としては見逃せませんねぇ。

と言うことで、入ってみると、やはりというか…絵画が中心でした。
でも、3階には樹木にまつわる"成長"や"記憶"その連鎖にまつわるテーマ作品があって
さらに。土や石を使った立体作品が展示されていました。
床一面にストーンサークルよろしく、石板が渦を巻いてるのは圧巻でした。
美術館内は、撮影が禁止なのでホームページから拝借していますが
廊下側にあった、色のキレイな石のサンプルは
写メしましたが、もしかすると土のサンプルかもしれません。

いずれにしても、木・土・石などの自然物が持つ色はキレイですねぇ。
花はカラフルでキレイですが、それを支える縁の下の力持ち達も
なかなかキレイな色を持っていますね。
しばし、そんなところに見とれてしまいました。

これからも、石の持つ表情や色を大切に、あれこれ作っていこうかなぁ…
なんて真面目なことを年頭の美術館で思ってしまいました。

stone0001stone0002stone0003


inada_design at 14:39|この記事のURLComments(0)

2012年01月10日

松飾りスタンド

松も取れてからのご挨拶で恐縮ですが
皆様にとりまして2012年が良い年になりますようにお祈りいたします。
本年もイナダ・デザイン・ストーンをよろしくお願いいたします。

さて、私も長いお休み戴いていたのですが
そのお正月期間には、拙宅に色々な方が遊びに来てくださいました。
そして、皆さん一様に我が家の玄関先にある
"松飾りスタンド"を褒めてくださいました。
まぁ、昨年も紹介したのですが、評判が良いので今年も紹介させて戴きますね。

我が家の松は、松飾りと言ってもたいそうなモノではなく
松に輪飾りを留めた一番シンプルなモノなんですが
これとて玄関に設置するのには、紐で結ったりと手が掛かります。
おまけに松ヤニで手がべとべとになったりして…
街中では、コンクリートブロックに挿したりしているお家も見かけました。
やぱり、なにかとご苦労があるようです。

そこで、サッと投げ入れるだけで見栄えのするモノとして考えたのが
写真の松飾りスタンドなんです。
私の大好きなB-ブラウンという石を台形にカットして鏡面磨きにしたものです。
自分で言うのもなんですが、スタイリッシュでしょ?

まぁ、松飾りスタンドとしては、年に一週間ほどしか使う機会はないのですが
普段は、ここにフェイクグリーンや竹などを挿して
玄関周りを彩ったりしています。
なかなかに活躍アイテムであります。

matsukazari01matsukazari02

inada_design at 18:00|この記事のURLComments(0)