2011年09月

2011年09月08日

流木風の石

公園に行くと、丸太に似せたコンクリート製の橋の欄干があったり
同じく丸太様の植え込みの柵があったりしますね。
どうも、私はあれが好きになれないのです。
どうせなら、木をまねた石にしてもやりようが有るんじゃないかなぁ。
と常々思っていました。

そこで、ちょっと流木みたいな石のオブジェを考えてみました。
木ソックリにするのではなく、ゆる〜く似てる感じがキモです。
ハンマーで割って、粗く仕上げて流木風というのが良いです。
口で言うのは簡単ですが、職人さんは大変かも?

でも、横用・縦用と大まかな方向性だけ決めて
気ままに削ってみると良いんじゃないかなぁ。などと思っとります。(笑)
で、例によりまして、適当に紙に書いたモノを載せますが…
凹みにオアシスなどを詰め込んで、生花をチョコンと差し込むだけで
なんだか、小洒落たアレンジになりそうです。
プリザーブド・フラワーをオレンジすれば恒久的に愉しめます。

小さなモノは、リングやペンダントなど
アクセサリーのディスプレー台としても使えますね。
ペーパーウェイトでも良いです。
あとは…転がしておくだけでも良いと思いますけどね。(笑)

ryuboku01ryuboku02ryuboku03


inada_design at 16:04|この記事のURLComments(0)

2011年09月06日

蛸唐草の石皿

今日もキッチン周りネタですが…石皿です。
いままでも、いくつか石の皿は提案してきてますが
今回は、石皿の模様です。

日本古来の文様に「蛸唐草」というのがあります。
いわゆる唐草模様に蛸の吸盤がポチポチと付いたモノと言えばいいでしょうか?
私は、この蛸唐草が大好きなんですが
世の中にも大好きな人が多くて、蛸唐草の大徳利なんて
ちょっとやそっとでは買えない値段なんです。
しょうがないので、転写プリントの現代物で、私は我慢していますね。(汗)

で、ふと思いついて…
■や●の石皿に蛸唐草を線彫りしたらいいかも?というアイディアです。
全面に施すのも良いですが、ちょっとアクセントという感じで
部分に彫り込んでも美しいと思います。
私のスケッチでは、良さが伝わらないのですが…(汗)

黒の鏡面仕上げの石皿に、ガリガリと線彫りで
蛸唐草を彫ってみたら、結構格好いい皿になりそうです。
全面で無い場合は、止める頃合いが難しいですが
このあたりは図面を起こすと言うより
職人さんが、気ままに彫りつつ頃合いを見つけるのが良いかと思います。

あぁ、なんだか私が欲しくなってきました。(笑)

taco090601taco090602taco090603

inada_design at 14:49|この記事のURLComments(0)

2011年09月05日

石で作る料理

「小淵沢へ遊びに行ってきたのですが、あるお店で大谷石でできた
ピザ窯を発見しました。大谷石は蓄熱性に優れていて、
調理窯にピッタリとありました。」と、読者の方からメールを戴きました。

確かに添付で送られてきた"ピザ窯"は大谷石でキレイでした。
他所様の商品ですが、良いですねぇ。
ベランダや庭に設置できるそうで、景観を損ねないので良いです。
大谷石好きにとって、そそられますねぇ。

石というのは遠赤外線効果があるので、調理に向きますね。
じゃぁ…ということでピザ窯ほど大きなモノではなく
小っちゃな調理アイテムを考えてみました。
まぁ、簡単に言えば"オーブントレイ"です。
この石の板やトレイに素材を乗せて焼けば、裏表関係なく
キレイに焼ける事請け合いですね。肉・魚・野菜。
何にでも使えそうです。
レンジで解凍したり、自然解凍する時の受け皿にしても良いです。

キッチンに石アイテム。相性が良さそうです。

kitchen01kitchen02kitchen03

inada_design at 13:51|この記事のURLComments(0)

2011年09月02日

ちょっとお知らせ

実は、イナダで"石のキャラクター"の販売を始めましたので
今日は、そのお知らせです。

もちろん著作権者の許諾を受けて、職人さんが丁寧な手仕事で削りだした
正規販売品ですよぉ。お取り扱いキャラクターは、
アンパンマン、ドラえもん、スヌーピーきかんしゃトーマスと、
お子さん達が、大好きな有名どころばかりです。
そんな愉しいキャラクター達が、
●スタチュー(立体彫像)●絵タイル●ベンチ●表札になりました。
詳しくは…こちら
出産祝いなどをはじめ、お庭やベランダの装飾。
お風呂やトイレなどの壁面を彩るアクセント。
その他、お店のディスプレイなど、使い方は様々。ぜひ一度、ご覧ください。

目白の眼鏡屋さんが、早速買ってくださって、ショーケースに飾られています。
飾りやすい、一番小さなタイプです。
そのせいか?大人は、つい見過ごすらしいですが…(汗)
お子さん達は目ざとく、すぐに「あっ、アンパンマンだ」と見つけるらしいです。
個性の強いキャラクターならではですねぇ。

character01character02character03

inada_design at 10:50|この記事のURLComments(0)

2011年09月01日

ワイン・スタンド

台風が近づいているせいもあるのでしょうが
着実に秋めいてきていますね。
夏の間は、まずは冷たいビール!と言っていたけど
もう少しすると、ワイン。特に赤ワインが恋しくなってきますねぇ。
私は、特にイタリアワインが好きで、白よりも赤が好きなんです…
と、関係ないか?(笑)

でも、ワイン好きだから、ワインスタンドを考えてみました。
こういうモノは、シンプルに限るので、■と●でデザインしました。
どちらもワインボトルより、ちょっと大きめの穴を開けます。
まぁ、ザックリと言えば、これでお終いです。(笑)
しいて言えば、●タイプは転がり止めのために底を平らにしたり
余分な大きさを喰わないように、外円と内円の差を縮めて
なるべく細く仕上げる事くらいでしょうか?

使い方は、穴にボトルを差し込んで、テコの応用で瓶を斜めに固定します。
棚に並べている時は、コルクの填った瓶口を下にして
コルクの乾燥を防ぎながら陳列です。
テーブル上では、瓶底を下にして置きます。
まぁ、飲んでる時は、ただ瓶が立ってるだけでも良いんですが…
色気というか…気分が上がりそうで良いです。

デザイン的に物足りない方には、文字も彫れます。
産地別にボルドーとかブルゴーニュと彫るのも良いですし
白、赤、ロゼと彫っても良いでしょうね。

フランス語やイタリア語、英語、スペイン語など
ワインの美味しい地域の言語表記も面白そうですねぇ。

wine090101wine090102wine090103

inada_design at 14:50|この記事のURLComments(0)