2011年06月

2011年06月30日

美味しそうな石

トルコの石の変わり種が、本社から送られて来ました。
淡いココア色の石のなかに、ポツポツと気泡が入っていて
その気泡は、薄いウグイス色。
でもある部分はゆで卵の黄身色だし、抹茶色のところもあります。

なんだか、トルコの石なのに和菓子みたい。
口に含めば、ホロホロと口触りも良さそうな感じに見えます。
ははは、なんだか美味しそうです。

本社の女子達は、美味しそう!と盛り上がったのかなぁ?
と、ちょっと聞いてみると…
中にキラキラとした小石が埋まっていて
「もしかしてダイヤ?」なんて言って笑った。と言ってました。
なんとも、現実的で"美味しそう"等という話は、掠りもしなかったようです。

オジサンの方がロマンチック?(笑)
いずれにしても、トルコの石。いろんな面を見せてくれて
なかなか、奥の深いものがありますね。

turkey01turkey02turkey03


inada_design at 14:39|この記事のURLComments(0)

2011年06月29日

冷凍庫には石皿を

朝のクルマ移動時にFMラジオで"賢い冷凍保存"という話題を聴きました。
そうですよねぇ。今の季節は物が痛みやすいから
新鮮なうちにキッチリ冷凍して置く事は大事だろうなぁ
なんて、耳を傾けていました。

我が家でも実践してる冷凍庫活用法が紹介されていて
運転しながら「そうそう!」なんて、うなずいちゃったりして…
石ネタからは外れますが、ちょっと紹介すると
キノコや貝類は、冷凍した方が栄養成分が増し旨くなる。
豆腐も冷凍できる。ただしスポンジ状になるので
味が染みやすい特性を活かして煮物にどうぞ。
そうなんですね。
我が家でも、実践していてこの2点については確信してます。
どちらも旨いですよぉ。

そして、冷凍する時のポイントがありました。
ひとつは、霜が付くので水気を必ず拭き取る。
もうひとつ、なるべく急速冷凍が良い。
家庭の冷凍庫では、急速冷凍は難しいので、
金属のバットなどに入れて冷凍すると良いと、言っておりました。
これは、知りませんでした…そうか、金属のバットね。

さて、ここから石ネタです。
金属バットが良いなら、石のプレートも断然OKですよね。
しかも、バットと違って薄いので、常時冷凍も可能です。
また、その際にも場所を取りません。
肉でも魚でも、取り出した凍った石皿に乗せて冷凍!
これで、いつもより急速冷凍化が計れます。
鏡面磨きにしておけば、清潔で良いですよね。
石の皿には、意外な使い道があった!という再発見のお話しでした。

plate062901plate062902plate062903

inada_design at 11:23|この記事のURLComments(0)

2011年06月27日

でこぼこな関係

我が家のベランダでは、梅雨の雨にぬれて植物達が生き生きしています。
柏葉アジサイは、花の重さに頭を垂れながらも盛りだし
レースラベンダーは、夏真っ盛りを除いて、いつも咲き誇っています。
メダカの居る睡蓮鉢には、大振りの白い睡蓮が毎日開花して
どこからか、クチナシの甘い香りも漂ってきます。
真夏は花が少ないですが、今頃は色々と愉しめますね。

そんな、我が家のベランダには大振りの鉢がズラリ。
背のある植物も多々あるので、プラ鉢ではなく
しっかりとした重めの陶製が多いです。…陶器かぁ(汗)
ここは、石屋なんだから、石製が無くっちゃなぁ…
なんて、昨日の休みに気がついたので…早速、石鉢を考えてみました。

丸鉢や角鉢だけじゃ、つまらないし
なんかカタチが変わったモノの方が良いなぁ…と
下に重心のあるズングリとした鉢を考えてみました。あん、あるなぁ。
これが、最初のデザイン。
逆もあるかなぁ…でも、これは重心が上過ぎてひっくり返りそう。
あれこれ、下絵を描いているうちに
隣り合ったカタチが、パズルのピースのように填ったらいいかも?
そこで、生まれたのが次のデザイン。

お互い、室内でバラバラに使用してもキレイですが、
ベランダの隅に、キレイに並べると…
デコとボコが、うまく重なって整然と隙間無く並びそうです。
これは、アリなんじゃない?
すっかり、その気になって、アリだなぁ…うん、アリ!
なんて、悦に入ってるところです。(笑)

kaki062701kaki062702kaki062703

inada_design at 15:27|この記事のURLComments(0)

2011年06月23日

飾り石柱

思いつきを、ツラツラと描き殴っているメモ紙が、デスク横にあります。
何枚か貯まった後に、もう一度見返して見ると…
「こりゃ駄目だ」と言うのも多くありますが、なかには
その時は、良いと思わなくても、アリだなぁ。なんて思えるモノもあります。

今日のネタは、そんな「後から見たら、結構良いじゃない」ってモノです。(笑)
とはいえ、人のそれぞれなので、「駄目だよぉ」と言う方も居るでしょうね。

絵を見ても何だか判らないと思いますが…
実はこれ「石柱」です。ちょっと幾何学模様とか
植物柄なんかを、ビシャンで彫ってますので、「飾り石柱」です。
天穴が空いてれば、花器にも見えるんでしょうが
ただのソリッドの石です。

いったい、何に使うの?と聞かれると困るんですが…
世の中、機能一点張りじゃつまらないから
無用の用というか…こんなのも、あれば愉しいじゃない!って事です。

玄関の靴脱ぎの横とか、リビングの隅とかに置いたら
なんだか、アクセントになって良いかなぁ。という思いつきなんです。
描き殴っているので、線が曲がっていますが
実際のモノも、割っただけで、こういう風にちょっと歪んでいた方が愉しい!
そう思えちゃうんですが…どうでしょう?
まぁ、4面のうち1〜2面は鏡面磨きで仕上げれば、
模様のビシャンも生きますね。

bisyan062301bisyan062302

inada_design at 14:58|この記事のURLComments(0)

2011年06月21日

珊瑚みたいなトルコの石

ちょっと資料探しで、本屋さんに寄ったら
「世界の天然石」というCOLLECTION BOXが売られていた。
20cm角の紙のボックスに30個の天然石が入っていましたが…
たぶんパワーストーン売りなんでしょうね。

その時、ふと貴石じゃないけど
トルコの石は、ちょっと珍しいんじゃないかと改めて思いました。
そこで、どうせなら、貴石とは真逆の石をご紹介しようかと…
ははは、天の邪鬼ですけどねぇ。(笑)

前にもちょっと書きましたが、珊瑚と間違われて
なかなか輸入できなかった、いわく付きの石なんです。
ギャラリーの棚に、なんの加工も施さずに陳列されています。
遠目に見れば、火山岩の様に見えます。
いや、もしかしたら火山岩なのかもしれません。

近くに寄って見ると、木の根っこの様なモノが見えます。
ポキッと折れた断面を見ると焼き菓子の「シガール」みたいです。
やっぱり溶岩かなぁ…
ちょっと、おどろおどろしい様な…
トトロの森の奥にありそうな…そんなファンタジーも感じます。

ポロポロと欠けやすく柔らかそうなので
どれか輪切りにして、ちょっと断面が見てみたくなってきました。
それとも、穴を開けて苔でも植え付けてみようかなぁ。
いずれにしても、ちょっと面白い使い道がありそうなトルコの石です。

coral062101coral062102coral062103

inada_design at 11:55|この記事のURLComments(0)

2011年06月20日

新プリザーブド・フラワー台

L字型の"プリザーブド・フラワー台"は
震災時に、ギャラリーの棚から転げ落ち、いくつかが壊れました。
L字型故に前に振られた時に弱く、落ちたんだろうと思います。

ギャラリーの棚も寂しいので、新プリザーブド・フラワー台を考えてみました。
ラフ用の紙に、あれこれと思いつくままにスケッチ。
やっぱり、台座の溝に平板状の本体を挿すのが良い気がしますね。
台座の奥行きは、短い方が格好は良いんですが
その分揺れに弱いです。どの幅がいいかは実験で確かめるしかないかも?

本体は、以前のタイプは均等に穴が空いていて
そこに差し込む様になっていましたが
今回は、ちょっと変化をつけてみました。
まず、正方形のタイプは、穴ではなくスリットにしてみました。
斜めと上下の短いスリットに挿す感じで、自由度が高いかな?
長方形丸穴タイプは、上部均等で下部には大きな穴を用意。
下にボリュームを作って、上を軽めに出来ます。

とはいえ、私自身がプリザーブド・フラワーアレンジをするわけではないので
これが果たして使い良いのかいまひとつ確信が持てません…(汗)
まずは、スケッチを起こしてみましたが、いろんな方から意見を聞いて
試作に入ろうかなぁ、と思っています。

pri062001pri062002pri062003

inada_design at 10:43|この記事のURLComments(0)

2011年06月17日

街の石アート

久々の"外ネタ"です。(笑)
と言っても、私が出かけてフィールドワークしたわけではないんです。
免許の書き換えで都庁に出かけた社員が
「こんなのありました〜〜」と、写メを送ってくれたんです。
黒御影石を使った現代彫刻ですね。なかなかの迫力です。

ギャラリーのある六本木には、ヒルズやミッドタウンなどの
大きな商業施設がありますが、ここにも現代彫刻が多数配されています。
こんな風に、人が集まるところに石のアートがあるのは
なんだか、とっても嬉しくなります。
街場のアートは、美術館に置かれている物に比べ
人との距離が近くて良いですねぇ。ペタペタ触れるのも和みます。

都庁には、こういう彫刻やレリーフが屋内外に38点も設置されてるようです。
取り敢えず、外に置かれている物だけでも
いつか見に行こうかと思いました。

ちなみに、今日掲載の写真は…
最初のは、「水の神殿」と言うタイトルで、次のが「空の台座」。
いずれも関根信夫さんと言う方の作品で「ふれあいモール」にあります。
都庁にお出かけの際は、ちょっと探してみてくださいね。

totyo01totyo02

inada_design at 12:28|この記事のURLComments(0)

2011年06月16日

ピッツアみたいなお皿

今日は、いきなり食べ残しのピッツアが現れてビックリしました?
そう、ピッツア用の石のお皿を考えたんです。

実は、私は自分でもピッツアを焼きます。
気が向くと生地からも作ります。まぁ、大概は市販の生地を使っちゃいますが…
デロンギのピザ・ストーンをオーブンに入れて
その上に置いて焼くとパリッと焼けて良い感じになるんですよね。

そんな事をしている時に思いついたんですが…
ピッツアMサイズと同じ25cm直径のお皿があったら面白いなぁ。
なおかつ、お皿は9等分されている。
そうすると、一切れとピッタリ同じサイズで笑える!なんてね。
大皿も分割されるので片付けやすいし…
温め直す時も、石の遠赤外線効果で良いかも?

うん、これは有りだなぁ。なんて独りごちしています。
黒い石だと、なんだかピッツアが映えませんか?
それも良い感じだと思うんだけどなぁ…

pizza01pizza02pizza03

inada_design at 12:26|この記事のURLComments(0)

2011年06月15日

デスクトップ・パズル

最近、デスクワークばかりで、ちょっと煮詰まってるのかも?
どうも、アウトドアのアイテムが思い浮かばずに、
デスクでの癒しアイテムばかりが…(笑)

今日も、そんなアイテムです。
三角の板や丸の板にスリットが入っている、
そんな、知育教育玩具が売られているのを見た覚えがあります。
たいていは、紙製だったりしますが
大人のデスクには、石でしょう!と勝手に定義づけ
石でこのパズルを作りたいなぁ…ってワケです。
やっぱり、カタチはシンプルに正円・正四角・正三角が良いと思いますが
変化球として、楕円もあると、作るオブジェが広がりそう。

水磨きや鏡面、もしかして切りっぱなしもあり?
カタチだけでなく、表面の感じが違うと
組む時に、なお一層愉しいかもしれませんね。

あれこれ自由に組んだら、文具ホルダーにしたり
メモや名刺も、これに咬ませたりして…
机のうえに玩具、アリかもしれませんねぇ。

puzzle01puzzle02puzzle03

inada_design at 11:13|この記事のURLComments(0)

2011年06月14日

デスクトップ・ホーム

デスクワークの方は、考え事をしたりする時に
ボールペンなど手近にあるモノをもてあそんでいたりしますよねぇ。
なんだか、大人になっても微笑ましいなぁ…なんて思ったりしますが
人は、指や手で「リラックス」を触っているのかもしれません。
そんな時、石の手触りや温もりは、実にリラックス効果が高いような気がします。

実は、私のデスクの上にも、大理石の玉石や小さなオブジェがあります。
知らずうちに、触っていたりする事もあります。
まぁ、小石でも良いんですが…
それじゃぁ、売り物になりませんよねぇ。

そこで、小さな家を考えてみました。
家族を思って、一生懸命働きましょう!なんていう記号じゃ無いですよぉ。
私流ですが…時には俯瞰で見てみよう!という視点の変換イメージです。
デスクトップに家があって、鳥のように見下ろしていると
生活全部が見渡せる気がして、アイディアも浮かぶんじゃないでしょうか?
もちろん、握ったり撫でるたり…使い方自由です。
でも、イラッとして壁に投げたりはしないでくださいね。(笑)

まぁ、使い方や価値観は、人それぞれですから…
シンプルな "家型"オブジェだけでなく
ちょいとした機能を加えて、 "煙突ホーム"も。
屋根に穴を開けるだけですが、ここにチビた鉛筆を立てれば煙突に見えるかも?
これは、鉛筆立て兼用ってなワケです。どうでしょうか?

home01 home02 home03

inada_design at 12:31|この記事のURLComments(0)