2011年05月

2011年05月31日

ふぞろいが良いんだよねぇ

今日は、デスクトップ・アイテムを考えてみました…と、大仰ですが
平たく言って「鉛筆立て」です。(笑)
珍しくもないアイテムで、世の中にたくさんあると思いますが
私なりに、使い勝手の良い物を思いついたんですねぇ。

どんな石でも良いのですが、多面体に削ります。
ふぞろいにドンドン削っちゃいます。
そして、どこかの面にひとつだけ穴を穿ちます。これで完成!

見た目は、不細工で不格好。でも、これが良いんじゃないかと考えてます。
これによって、微妙に鉛筆の立て方が変えられます。
ある時は真上に鉛筆が刺さって、ある時は45度の角度。
別の面を底にすると、60度になったり30度になったり…
この気分次第でいかような角度にもなるところが良いんじゃないかと。

四角四面の工業製品と違って、思いのままに削った
ふぞろいなアイテムだからこその使い勝手です。

作業する姿勢が、人によってマチマチなように
サッと鉛筆を取りだす気分も、マチマチでな気がします。
そんな微妙な気分にマッチする鉛筆立てです。いかがでしょう?

tamentai01tamentai02tamentai03


inada_design at 10:55|この記事のURLComments(0)

2011年05月30日

イナダデザインの「人気者で行こう」

サザンオールスターズのアルバムではありませんが…
今日のテーマは「人気者で行こう」です。

まぁ、色々とデザインしたアイテムの中にも
結構引き合いのある人気者もいれば
アイディアは良いと思うのですが、意外に反響のないモノもあります。
作り手としては、どれも思い入れがあるのですが…
いつか、人気が出なくても良い物特集もやりたいと思いますが
今日は人気者をご紹介します。

今年は、梅雨入りが早かったですが
この季節にググッとフィーチャーされるのが「傘立て」です。
写真のように3本立てと5本立てがあります。
これの組み合わせによって、いかような人数にも対応できるんです。
ちなみに、ギャラリーの入り口には5本+5本がセットされています。
それ以上のお客様の時は+3本か+5本を更に増しています。
傘一つに穴一つなので、傘同士が絡まりません。
挿しやすく取り出しやすいんですね。
いずれも自重があるので、ちょっとやそっとの風には負けませんよ。
ほんとに、これは便利です。

もうひとつご紹介しますのは…
ニッチ商品なんですが、ティッシュケースの重しです。
そういえば、まだネーミングが決まっていなかったですねぇ。
写真のアイテムは、猫のシルエットがくり抜かれているモノです。
ティッシュが邪魔して、フォルムが見えにくいですね。(汗)

これは箱の上にポンと置くだけで、ティッシュが少なくなって
軽くなったティッシュケースが、ティッシュと一緒に持ち上がるのを防ぐんです。
最後の一枚まで、キレイに取り出せます。
一度使うと、便利さに手放せなくなるアイテムとして評判です。

ninki053001ninki053002ninki053003




inada_design at 14:05|この記事のURLComments(0)

2011年05月27日

ナンバーを背負った石

アスリートは、ナンバーで呼ばれる事がありますね。
本人もナンバーには思い入れが強いし
スポーツとナンバーって切り離せないモノがあります。

じゃぁ、好きな石にナンバーを彫ったらどうでしょう?なんてね。
ラッキーナンバー?誕生日の数字?
彫る数字への思いも様々でしょうね。
1〜31まで彫っておけば、カレンダーにも使えるし…
なんて考えていたら、石に数字が彫られているだけで愉しくなりそうな気がしてきました。

デスクの上に30と彫られた数字。
はて?と思った時に、30日に約束があったのを思い出したりして…
5:30なんて時間覚えにしたり…いろいろと遊べそうですねぇ。

もちろんラッキーナンバーを鞄に忍ばせておいて
大事なプレゼンの前に、しっかり握りしめて「落ち着け、落ち着け!」
なんて言うのもアリかもねぇ。
使い方次第で、自由自在。ナンバーを背負った石を作ってみたいです。

sunumber01stnumber02

inada_design at 12:26|この記事のURLComments(0)

2011年05月25日

ほんとは歯ブラシ立てなんだけど…

水彩絵の具で、絵を描く仕事があって
机の周りが、いつになく絵描き仕様となっている。
でも、雑然としてるので、うっかり絵筆でも転がったら
折角の絵が台無しになりそうで怖いぃ。

そこで、ギャラリーから「歯ブラシスタンド」を持ってきて
絵筆を立ててみた。うん、いい感じ。
これなら転がる事もないし、見た目も愛らしい。(笑)

今日は、無骨な大きな筆が刺さってるわけだけど…
小筆だったり、色鉛筆だったりしたら
デスクトップのアクセントになりそうだね。

トルコの石に穴を開けただけ。
でも、こんなのがオシャレ!って思うのは私だけでしょうか?(笑)

stand052501stand052502stand052503

inada_design at 17:25|この記事のURLComments(0)

2011年05月23日

石のスタンプが、色っぽい?

石碑の刻銘や紋様などを、墨によって紙に写し取ることを
「拓本」って言いますが…昔と違って気軽には出来なくなっていますね。
石碑の名筆を見ると、ちょっとチャレンジしたくなるんですが
昔の人が礼節を守らずに乱取りしたので、今時は禁止され出来ませんねぇ。

そんな事を考えながら…
ふと、そこらに転がっている無名の石でも
墨を塗って紙に写し取ったら良い感じかもしれないなぁ、なんて。

思い立ったらやってみたくなるのが、デザイナーのサガです。(笑)
取り敢えず手近にあった、大理石の玉石を手に取り
これまた手近にあった朱肉に押しつけ、コピー用紙にエイッと押してみました。
すると…ねっ、良い感じの「石紋」が採れました。

朱肉でやったもんですから、なんだかキスマークみたいで
色っぽい感じがしてきちゃって、思わず苦笑。
でも、スキャナーで拡大してるので、石の目がはっきり見えてなかなかです。
いやぁ、面白いですねぇ。

工場の隅に眠っている端材達の石紋を採って、
もう一度日の当たるところに出してあげたいですね。
コピー用紙じゃ可哀相なので、ちゃんとした和紙にポチッポチッと
押していったら、石の個性が意外に際立ちそうです。
額装したら、意外にアートかもねぇ。

sekimon01sekimon02

inada_design at 18:53|この記事のURLComments(0)

2011年05月18日

頭隠して…

昨日は、先輩がギャラリーに遊びに来てくれましたので
石を使ったアイテム談義に花が咲き、貴重で愉しい時間が過ごせました。
その中で、どこかのショーケースでご覧になったらしいのですが…
犬のお尻だけの造形物が、芝の上に置かれていて
あたかも、穴を掘って頭を突っ込んでいるように見えたそうです。
それは、それは微笑ましかったというお話しをお聞きしました。

いやぁ、私も見たかったですねぇ。
街に置かれるオブジェは、どこかにユーモアがあるのが好ましいと思いますね。
考えてみると、働く場所にも、そんな感性は必要かもなぁ…
ふと、そんな事を思い、イタズラ描きをしてみました。

さて、このパイプみたいなモノは何でしょう?
星の王子様に出てくる、ウワバミの絵みたいで判りにくい?(笑)
実は、2番目の絵のようにヘビなんですね。
机の上が地面なら、UとJをひっくり返したようなカタチを置くだけで
想像力が発揮され、ヘビに見えてくる気がしませんか?

そんな、デスクトップに置く、なごみオブジェを作ろうかなぁ。
みんな、お尻だけ。頭隠して尻隠さずです。
一見なんだか判らなくて、ずっと見てると「もしや?」と思えて
気がつくと笑える、そんなのが出来たら愉しそう。

3番目の絵は、判りますか?
そう、真ん中はヘビですね。上は鶏で、一番下はウサギのつもりなんですけど…(汗)

tail01tail02tail03


inada_design at 12:21|この記事のURLComments(0)

2011年05月17日

花 傘立て

爽やかな五月に梅雨の心配というのも気が早い気がしますが…
なぁに、備えあれば憂い無しです。
という事で、今日は傘立てのご提案です。

イナダのデザイン石にも人気者がいくつかありますが
筆頭は傘立てでしょうね。
詳細は、当社発行の小カタログでご覧いただくとして
ザッと概略をお伝えすると…
十字型のタイプには5つ穴があり、5本の傘が挿せます。
くの字型の3穴タイプもあり。それぞれが組み合わされて
どんな人数のご家族にも対応できるようになっています。
しっかりとした重さがあるので、風に負けずスックと傘が立つのと
組み合わせ自由なところが、人気なんですね。

今回、変わり種アイテムとして、花型タイプを考えてみました。
梅の花みたいに5弁の花です。真ん中にも穴を設けて6本仕様です。
幾つか並べて、玄関先に花を咲かせるのもいいかも?

晴れた日には「花台」として使っても良いですね。
穴の水量は足りないので、ドライフラワーや炭花などを使うのはいかがでしょうか?
蓮の炭、竹の炭などを使って活け花(?)をして
玄関内側に置けば、消臭作用も期待できそうですね。

傘立てと言っても、使い方・アイディア自由です。
いろいろ遊んで戴けると嬉しいですね。

kasatate01kasatate02kasatate03

inada_design at 10:59|この記事のURLComments(0)

2011年05月16日

石、一枚あれば…

我が家の話で恐縮ですが…
玄関脇に、土が顔を出しているニッチスペースがあります。
これは、家を建てた時にタイルで覆っちゃうより、何か植えられたら…
なんて、軽い気持ちで残しておいたんです。
柊やツタなどを植えたら、年月の間によく茂りました。
でも、境界が曖昧なもんで手前に茂って通路にかかったり
雨の日に土が少し出てきたりして、
やっぱり軽はずみはいけないなぁ、と反省の日々でした。

しかし、造園するほどのスペースでもないし…
思いあまって、営業さんに相談して石を一本置いてもらいました。
高さ12cm幅10cm長さ120cm。ニッチスペースに合わせて切ってもらった石を
置いただけなんですけど、ピシッと締まって良い感じになりました。
石底をモルタルで整えてくれたりして、
私は置くだけで考えていましたが、"仕事"をしてくれましたぁ。(感謝)

その後、石の後ろにアイアンフェンスを差し込んで
景観もグッと良くなりました。
手前味噌ですが、改めて石一枚の強さを認識しましたねぇ。

石一枚、石一個で解決できる事も色々とあると思います。
お気軽にご相談くださいませ。

shikiri051601shikiri051602shikiri051603

inada_design at 10:51|この記事のURLComments(0)

2011年05月13日

お洒落なマッサージストーン

昨日の続きで、女子目線の石アイテムのご紹介です。
今日は、マッサージストーン。
イナダでも、以前にマッサージ店からの依頼で特注品を作りましたが
握りやすく作業しやすい形状とか、棒の長さとか、微妙に影響するようです。
まぁ、プロ仕様ですから当たり前かなぁ。

でも、今回気付かされたのは、オシャレ度ですね。
プロは別ですが、個人的にバッグに忍ばせて
疲れた時に首や肩に一押し!そんな時、無骨じゃあねぇ。
女子たるもの、どんなモノでもオシャレじゃないと持つ気にならないですよね。
その点、これはオシャレ度は満点。
透明感と、中に宇宙を閉じ込めたような、深いパープルの
レインボーフローライトにグッと来ますよね。

後は、買ったスタッフにしばらく使ったあとに、使い心地を確認してもらいます。
だってイナダが作るなら、オシャレだけでも駄目ですもん。
オシャレ+機能で、キレイな石を見つけて作ってみたいですね。

というのも…ブログを書いてる横で、ギャラリーのスタッフが
興味津々で、「それキレイですねぇ。」
「そのマッサージ棒は、いくらだったんですか?」と喧しいんです。

やっぱり、女子はこういうの好きですねぇ。(笑)

tsubo051302tsubo051301tsubo051303

inada_design at 14:22|この記事のURLComments(0)

2011年05月12日

燃える卵

本社のある高田馬場周辺には、私たちが扱う石と微妙に違う
パワーストーンを扱うショップが、色々あります。
石に携わる人間として、本社の女子も興味があるみたいで
時々、顔を出しているようです。
そんな女子からレポート写メが送られて来ましたので
今日と明日、ちょっとご紹介いたしますね。

まずは、何とも不思議でカラフルな卵。
何なんでしょうね?まるでアート作品のようです。
まぁ、卵のカタチは削りだしたんでしょうが…この色!
小窓のように見えるのはオパールですね。
あちこちに、色と透明感が違うモノが散見できます。
しかし、このオパールを包み込むような岩石の模様が
まるで墨流しのようなマーブル模様でビックリですねぇ。
浅学で、何という名前の石か判りませんが…
ショップでは、「ファイアーオパール・エッグ」と名付けられて売られていたとの事。
なるほどねぇ。炎に見立てているんですね。産地はアリゾナ州ツーソンだそうです。

いやいや、世界にはいろんな石があるもんですねぇ。
お値段は、一個5,400円。やっぱり、お高い!
しかし、「火が燃えているような赤色が、持ち主の情熱を呼びさましてくれる」
というコピーが付いていたそうです。
買った本人は、これからどんな事に情熱を燃やそうとしてるんでしょうか?(笑)
ストーン・マジックが発揮され、今以上に情熱家になったら…
いやいや、女子にウッカリした事は言えませんね。(汗)

egg051201egg051202egg051203

inada_design at 10:20|この記事のURLComments(0)