2011年04月

2011年04月11日

キャンドルだけど間接照明

キャンドル・ネタが続きます。
今日は、長めのいわゆるロウソクを使ったキャンドルスタンド。
スタンドと言っても、ロウソク全部を包んでしまいます。
もちろん、トップは解放してありますけどね。

なるべく薄く筒をくり抜きます。まぁ、ここがキモですね。
石屋泣かせの難しいところ。
大理石だと、そこそこ厚くても良いですが…
花崗岩系は、なるべく薄くしたいところですねぇ。
なぜか?

意外と知られていないのですが
石って光を通しますからね。
特に白大理石は、光を通しやすいです。
この石越の光を愉しもうって言うのが今日のネタです。

円筒の中程、ロウソクの火の部分がボーッと光るのは幻想的です。
時間と共に光る位置が下がるのも
なんだか有機物みたいでカワイイです。

ちょっと実験的にいろん石で薄い筒を作って
中にロウソクを入れてみたいです。
照明と言うより、キャンドルの楽しみ方の提案ですね。

rosokutate01rosokutate02rosokutate03


inada_design at 16:14|この記事のURLComments(0)

2011年04月08日

キャンドルトレイ(その2)

昨日、キャンドルトレイをアップしたら
本社スタッフから「こんなのどう?」とメールが来ました。
なかなか良い感じでしたので、
ちょっとだけアレンジしてみましたがご紹介します。

それは、「くの字」タイプです。
テーブルのセンターにわざと、こういう「くの字」を置いて
整然としがちな食器配列に"破"を持たせるとお洒落ですね。
テーブルの端に合わせて置いても邪魔になりません。
このカタチは、案外イイかもしれませんねぇ。

また、これの良いところは、組み合わせが効くことでしょうか。
これは、イナダデザインの傘立てでも実証済みですが
二つ、三つ、四つと色々と組み合わせ方で変化がつけられます。

石の色を変えたり、厚みの違う物を組み合わせるのもアリですね。
色々なキャンドルスタンドを試作してみようと盛り上がっていますので
また、ご報告いたします。

candleore01candleore02candleore03

inada_design at 12:08|この記事のURLComments(0)

2011年04月06日

テーブルセンターにキャンドルトレイ

六本木のギャラリーは計画停電地域外なんですが
なんだか、キャンドルに志向が行っちゃって…
この際だから、灯りとしてだけでなく
心を癒すアイテムとして、いろいろキャンドル物を考えてみます。

やっぱり、テーブルにキャンドルがあると
いつもの食卓が華やいで見えますよね。
じゃぁ、テーブルのセンターに長い矩形のトレイを置いて
そこに背の低い、いわゆるアロマキャンドルを並べてみましょう。
一列縦隊です。(笑)

まぁ、これだけでも良い感じだとは思いますが
ちょっと芸が無いですね。
で、自然の物をこのトレイに敷き詰めましょう。
最初のは、小粒の白い玉砂利。
キャンドルを埋めるように、トレイいっぱいに敷き詰めます。
黒っぽいトレイに白い石。揺れるキャンドル。いい感じ。

次は、石の代わりに水を入れます。
もしかするとキャンドルがフワフワ浮くかもしれません。
ユラユラ、フワフワ。なんだか自然感が漂います。

3番目は、苔をキャンドル周りに配して
古墳のようにしちゃいましょうか?
黒石と緑と燃えるキャンドル。キャンドル盆栽?
小さな宇宙。禅の世界みたいかも?

長四角のトレイがあると、その周りをいろいろ飾るだけで
キャンドル生活にも彩りが生まれます。
うん、セット販売を考えようかなぁ……。

※イラストは全て真上から見たイメージです。

candlegutter01candlegutter02candlegutter03

inada_design at 15:54|この記事のURLComments(0)

2011年04月05日

石叩く水音

朝方は4月とも思えない寒さでしたが…
日が昇ると、やっぱり春ですねぇ。日差しが柔らかい。

じゃぁ…ということで
昼休みに、近くの六本木ヒルズまで桜を探しに行ってみました。
毛利公園には、春らしい淡い花々が咲き始めていました。
でも、ちょっと惹かれたのは水音でした。
春の小川と言うように、暖かくなってくると水音も良いもんですねぇ。

とりわけ、石をかき分けるように流れてくる水が
石に当たって、波しぶいたり、くぐもった音を立てるのは良い感じです。
春だなぁ…なんちゃって。
振り返れば、池みたいな小溜まりの桜が映ったりして風情がありました。

ここで愛でてくださいね。って感じで石の椅子がカップルシート。
春になると、石の椅子も温くんできて、アリですね。
水と石。石と陽のぬくもりが、春を教えてくれました。

hills040501hills040502hills040503

inada_design at 14:41|この記事のURLComments(0)