2010年11月

2010年11月02日

岡崎ストーンフェスティバル雑記(その5)

今日は、ちょっと大物です。石を使った庭への試みですね。
でも広大な庭というわけではなく…
ちょっとしたアプローチにも使える、坪庭って感じでしょうか?

最初の写真は、この部門で賞を取った作品。
春日灯籠がメインを飾り、つくばい、飛び石とオーソドックスです。
安定した心地よさがありますね。

次のは、石庭風の玉砂利遊びが優雅です。
飛び石も、島のような?半島のような意匠で
間を別の石が埋めて、なかなか凝っています。
作法通りですが、筑波委のカタチや石の置き方に
モダンな試みが感じられて良いですねぇ。こういうの好きです。

最後は、急に小さくなって、ミニ庭?
御影石に石庭風の風紋が刻まれて、灯籠もチェスのコマのようです。
苔盛りがあって、モダンで外連味があって良いですねぇ。
ちょっとしたチェストの上や玄関の靴箱の上
お風呂やトイレなど、いろんなところで愉しめそうです。

tsuboniwa01tsuboniwa02tsuboniwa03


inada_design at 10:01|この記事のURLComments(0)

2010年11月01日

岡崎ストーンフェスティバル雑記(その4)

いやぁ、今日も寒いですねぇ。
段々冬っぽくなってきたなぁ…と思っていましたら
今日から年賀状が発売だそうで、いよいよ世の中はやくも年末気分?
なんだか、そぞろ慌ただしくなりそうですね。

そんな話題から…岡崎フェスで見つけた
年賀状に相応しいアイテムをご紹介したいと思います。
まずは干支のウサギものです。
なかなか粒ぞろいでした。
昔ながらに、餅を突いているのやニンジンを囓っているのに加え
ラジオ体操というか、ストレッチしてるのもあって笑えます。
なかにはデザイン的な意匠もあって
チェストの上に飾ってもイイ感じですねぇ。

また、大黒様が鯛に乗ってる。なんて、おめでたいモノもありました。
その他には、お馴染みのフクロウやカエルなど
動物モノも多岐に渡っていましたが
今回は季節柄、年賀状に使えるをテーマにセレクトしてみました。

こういう作品を写真に撮って年賀状。良いかもしれませんよぉ。

eto110101eto110102

inada_design at 10:08|この記事のURLComments(0)