2010年06月

2010年06月29日

立体額があったなら…

我が家には、画家の宇野亜喜良さんの原画があります。
縁あって買い求めたのですが
これが、面白い額に入っていました。
木製なのですが、ボックス額で奥行きがあります。
ですから、自立します。
もちろん壁にも下げられますが、なかなかイイです。

これを見ていて、これが石で出来ていたら
なおカッコイイし自立する重さも十分あるなぁと思いつき
スケッチしてみました。
本来の額が白一色なので、敢えて黒御影などで出来たら…
結果は、やっぱり格好良かったです。
これは、アリだなぁ。

gaku01gaku02gaku03


inada_design at 12:40|この記事のURLComments(0)

2010年06月28日

皿と言うよりスタンド?

卓上に小粋な小皿があって、調味料などが盛られていたら
これは結構格好いいなぁ…と、思いつく。
しかし、小さいと他の皿の影になって隠れてしまう、
じゃぁ、高さを出したらイイかもなぁ…
などと、想像の羽根を拡げていたら、自分で欲しくなった。
自分で欲しい!これは全ての創造の源だよなぁ。

本当は、睡蓮の花がテーブルから頭をもたげているように出来たら
それはそれは、格好いいことだとは思うけど
手間が掛かって大変!
そこで、円柱の天辺をすり鉢状に削り
そこに刻みを入れて、上から見ると花びらみたいに見えるようにする。
うん、イイ感じになりそう。
皿の直径に比べ高さを倍くらいにして
テーブルの上に置いても主張するよなデザインにする。

この小さなすり鉢状のへこみに、藻塩とか黒七味などを入れて
テーブルに置く。うん、良いんじゃない!
耳かきみたいなサジを、花の刻みに挿してもイイかも?

もうひとつ、テーパーをつけた円柱の真ん中に
円形の凹みあけるデザインも考えてみた。
いずれも、盛る調味料より本体の方がデカイ。
まぁ、大皿の真ん中に料理盛る。そんな器を愛でる和の思想でしょうか?
なんて、オーバーな事はともかく…カワイイ。

hanatatezara01hanatatezara02hanatatezara03

inada_design at 14:40|この記事のURLComments(0)

2010年06月24日

イタリアが香る石

デパートで、ウィンドショッピングしていた女子が
こんなのありました!と、写メで送ってくれたのが…
写真の「ミッレフィオーリ」のフレグランス・ストーンです。

以前にもフェラガモのフレグランス・ストーンを紹介しましたが
ヨーロッパと言うか、イタリアでは
フレグランスを染み込ませた石が人気のようですね。

なぜ、石なんでしょう?
きっと石ゆえの魅惑があるのだと思いますね。
木でもアリなんだと思いますが
木っ端みたいで、いまひと感情が込められないのかも?
その点、石は何の変哲も無い石でも良い感じです。…よねぇ。(汗)
だって、石屋だけでなく、香水メーカーもそう思うから
石が使われるんじゃないかなぁ…なんて勝手に想像しています。(笑)
もしかしたら、小石の数で香りの強さを調節できる。
そんな、利点もあるのかしらねぇ?

触ってみるとザラザラしていたようで
やっぱり砂岩系ですね。
もうちょっとキレイな色の石だったら、なお良かったのに。
などと、当社のトルコ産の石「レインボー」を眺めながら思いました。

201006201510000220100620151000012010062015090000

inada_design at 12:16|この記事のURLComments(0)

2010年06月22日

アジサイの咲くお皿

梅雨は鬱陶しいですが、水に打たれた木々や花がキレイですね。
なかでもアジサイは、季節の代名詞でイイです。
そんなアジサイをイメージした金平糖を戴いたので
石のお皿に盛ってみました。

最初のはキラの入った角皿です。
黒い皿に紫やピンク、白の金平糖がアジサイに見えます。
豆皿には緑と青の金平糖。いずれも黒が彩りを引き締めてキレイ!
最後は茶色の桜皿ですが、これもアリですね。
いずれのお皿もアジサイが咲いたようで、どことなく雅です。

季節を愉しむお皿は暗い色の方がイイかも?
ムシムシと鬱陶しい時でも、こんなお茶請けで
熱い緑茶をのんだら、ちょっとスッキリ気分転換になりそうです。

P1030333P1030336P1030339

inada_design at 13:27|この記事のURLComments(0)

2010年06月21日

イタリア製のブックエンド

会社でブックエンドが欲しい!と言う話が出たそうです。
で、石で作ればいいんじゃない?
あれ?デザイン石に無かったっけ?などと…紺屋の白袴です。

まぁ、デザイン石のは展示用で
自然石を真っ二つに割ったモノなので、ちょっと大きい。
シンプルなのが欲しいと言う要望なので
これは、ちょっと別の日にデザインしてみる事にしました。

そんな遣り取りの中、ドイツの展示会でかったブックエンドを思い出し
引っ張り出してきたのが、写真のブックエンドです。

大理石に斑が入って、なにやらイイ感じの色と模様です。
そう言えば、ヨーロッパの柱や床材としてみる石ですね。
デザインは、本ですね。片側に2冊づつ。
ヨーロッパの自家製本スタイルで、背も丸み出しされています。
良いデザインですね。本を本で挟むなんて粋ですね。
私も負けないようにデザインしてみたいと思います。

写真は、最初のが斜俯瞰で撮ったモノ。
次のは、横から。最後のは真上から取りました。

201006181445000020100618151500002010061815140000

inada_design at 15:49|この記事のURLComments(0)

2010年06月18日

石に咲く花

本社の洗面台の鏡前に、誰が置いたのか…
植木鉢の水受けとして、「デザイン石」が使われていました。

これを見て、なぜか?「石の花」というイメージが湧き
フルールドロカイユ(石の花)という香水があったなぁ…とか
ロシアのバレエ曲に、やはり「石の花」という題名があったなぁ…
などと思い出して。シュールな妄想が始まってしまいました。(笑)

瑞々しく可憐な花と、対局にある硬く無骨な石が出会うと
そこには、不思議な緊張感が漂う気がします。
だからでしょうか?私は石の花器をデザインすることが好きです。

まぁ、この写真はあくまで水受けですが
これが、モダンであれ自然石であれ、この5倍ほどの固まりがあり
そこに直接木が植わっていて、まるで石割桜のように石から顔を出していたら…
それは、かなりカッコイイのではないでしょうか?
花が無くても、グリーンと石のマッチングは
グリーンと土のマッチングより、よりシャープでイイ感じですよねぇ。
などと、素焼きの鉢を手で隠し、目から外し
石とグリーンが紡ぐコントラストを眺めながら、ひとりつぶやきました。

梅雨の鬱陶しい午後の妄想でした。(汗)

20100610150800012010061015070000

inada_design at 14:42|この記事のURLComments(0)

2010年06月17日

人が石を選ぶ時

私は観ていないのですが、映画「おくりびと」のなかに
「石文」というのが出てくるそうです。
これは、人々がまだ言葉を持たなかった時代。
自分の気持ちを伝えるために、石を渡したそうです。
その石の大きさやカタチ、色などで気持ちを表したようです。
なんと、奥ゆかしく慎み深いのでしょう。

映画の中では、子供は白くて丸い石を父親に渡し
父親は息子に黒くて大きな石を渡す。
互いに長い年月、この石を持ち続け死ぬまで握って離さない。
そして、息子は、結婚した時に妻に石を贈る。
そんなエピソードが語られているようです。

はぁ〜、ロマンというか…ちょっとウエットで和っぽい情感ですね。
明るく宝石を贈るも良し、思いを石に込めて贈るも良しです。

じゃぁ、人はどんな石をどんな思いで選ぶのかなぁ…
と、ツラツラと考えながら、ギャラリーの未加工の石を眺めました。
地層のよなキレイな色が織りなされているトルコの砂岩。
硬くグレーで、握り拳のような石。
なにか、模様が浮かんでいるような大理石の小石。

うん、確かになにやら託したい気持ちが見えてくるような気がします。
どうですか?自分なりの「石文」を見つけて
大切な人に贈ってみたくなりましたか?
私は、ちょっと「石文」を見つけてみたくなりました。

P1060159P1060160P1060162

inada_design at 12:13|この記事のURLComments(0)

2010年06月15日

街で見つけたデザイン石

社の女子が「こんなの見つけました」と写メを送ってくれました。
THE BODY SHOPらしいです。
最初、樹脂に見えたそうですが、「持ったら重くて…石でした!」だそうです。(笑)
イナダでも、同デザインのアイテムがありますね。
とは言え、思いつく範囲のデザインなので…あちこちで似たものに遭遇します。
でも、この自然石を使って、穴を開けただけのデザインは
シンプルながら、デザイン力があって好きです。
まぁ、イナダのはトルコの石を使っているので、色や模様がカワイイです。
(なんちゃって、しっかり宣伝ですが…)

こうやって、商品台のアクセントに使っているのは
実は、始めて見たんですけどね。

ビーズのような石を詰めてアロマエッセンスを垂らすと
梅雨のジメジメ感が一掃されていい感じだし
キャンドルスタンドとして使うのは定番ですが…カワイイ。
苔を植え付けたりしても面白いです。
一時的にメダカを一匹放しても涼しげですよぉ。

20100609183300002010060918330001

inada_design at 15:07|この記事のURLComments(0)

2010年06月14日

HAYABUSAが、帰ってきた

昨晩、HAYABUSAがオーストラリアの夜空を染めて地球に帰還しましたね。
なんか、感動的な夜でした。
何もない小惑星から「石」を採取するためだけの長旅。
なんとも言い表せない、人類の英知とともにロマンを感じます。

宇宙の始まりは、「石」で、きっと終わりも「石」でしょうね。
こういう所に、石を生業としている者としては
言いしれぬロマンをなお強く感じてしまいます。

無事にカプセルが回収されて、中に石の欠片でも入っていたら
ぜひに生で見てみたい!ほんとにそう思います。
昔、子供の頃に「月の石」を見た時。
なんだか、壮大な宇宙の中の一員だなぁ…と感じたことを
またイトカワの石を見て、感じられるかも知れませんね。

見た目は、何の変哲もない石なんでしょうけど
だから故に、宇宙ってみんな一緒かも?と思えて嬉しいですよね。

(画像は、HATABUSA公式サイトから拝借しました)

hayabusa

inada_design at 11:31|この記事のURLComments(0)

2010年06月11日

石の名刺

以前にkeeplusという石で出来た"紙"をご紹介しましたが
今回、この"紙"で名刺を作ってみました。

ストーンペーパーなので、森林の伐採は抑制できるし
CO2の削減にも寄与できます。
製紙の時に水も使わないので、いろんな意味でエコロジーです。
まぁ、この辺も頭にはありましたが…
両面カラー印刷で、一箱(100枚)が2.9840円という
こなれた値段設定だったので、試しに作ってみたんです。

どうせなら個性を出そうと言うことで
表の名前部分は、共通デザインで墨文字にしましたが
裏側の住所やアドレスが表記された面は
各自好きな色を敷くことにしました。
制限は一切無しで、遊びに徹してみました。
とは言え、判読性を考えてみんな薄い色にしていましたが
中にはワインレッド文字白抜きの強者も。(笑)

出来上がりは、紙質は石とも思えない感じでいいです。
印刷は、オンデマンドなんでしょうね?
若干、プリントみたいで…このあたりが課題でしょうか?

でも、表のキチンとしたデザインの裏側がいろんな色で愉しいです。
写真では、文字部分にボカシを入れていますので
今ひとつはっきりしませんが…イイですよぉ。

P1060097

inada_design at 11:45|この記事のURLComments(0)