2009年08月

2009年08月06日

富山で見つけた石のあれこれ(その6)

お皿テーマの作品(たぶん)を、加治さんの作品紹介の最後に披露いたします。
このシリーズは、作品紹介の最初にも出ていますが…
とてもイタリアンな香りがしますねぇ。なんとも、白い大理石が美しいです。
どういう構造になっているのか?
写真だけでは判りませんが、前後の丸い石が色違いで良いアクセント。
惑星のようにも見えてきて、宇宙的な広がりも感じます。

そうなると、お皿半分に見える彫刻は月でしょうか?
半月がゆったりと揺れているようでロマンチック。

造形が、想像というか…妄想を呼び起こす。(笑)
そんなところが抽象の彫刻の良いところですね。
どこまでも、どこまでもイメージが広がってゆきそうです。
だから、部屋に置きたくなるんですよねぇ。手頃なら買いたいです!(無理でしょうね)

旅行先で、ふとお気に入りの作品に出会う。こういうのは、旅の醍醐味でもあります。
なんとも、良い出会いです。

arttoyama073106.jpgarttoyama073107.jpg


inada_design at 12:07|この記事のURLComments(0)

2009年08月05日

富山で見つけた石のあれこれ(その5)

昨日に続きまして、加治さんの作品を紹介いたします。
一番目の作品は、テーブルをひっくり返したように脚が4つ天を向いています。
写真でしか見ていないので、細かいところは判らないのですが
どこかストーパのようにも見えます、金箔か金の塗料で内側に染められているので
そんな風に感じるのでしょうか? なかなか、面白い作品ですねぇ。

次のは、ミルフィーユのように層になっているようです。
一枚剥がれたのが手前にあって、これだけ表面が粗く叩かれています。
ブックエンドみたいで、オシャレな彫刻。

最後は、くの字に曲がった半月が、ひび割れてる風情。
現代彫刻でモダンにも見えますし…
扇の間から奥深い深山が見えている、そんな和っぽい感じもします。

やっぱり、日本人が作るとヨーロッパの彫刻とは違い
どことなく和の趣が出るようですねぇ。日本のインテリアにイイ感じです。

arttoyama073102.jpgarttoyama073104.jpgarttoyama073105.jpg

inada_design at 16:35|この記事のURLComments(0)

2009年08月04日

富山で見つけた石のあれこれ(その4)

「リバーリトリート雅楽倶」に行っていた時に
館内のミュージアムには、「加治」さんという彫刻家の方の作品が飾られていました。
大理石の作品なのですが、ただの彫刻とは違い
モダンなオブジェのような作品でした。
値段を考えなければひとつ欲しい感じです。
(買えるのあ?いくらなのかも知らないのですが)

絵皿を飾る習慣は、洋の東西を問わず行われますが
それに相応しいような作品です。
皿のようなベースに黒い花が付いていたりして、実にイイ感じです。

あしたから、もう少し作品を紹介したいと思ってます。
お楽しみに。

arttoyama073109.jpgarttoyama073101.jpgarttoyama073108.jpg

inada_design at 14:32|この記事のURLComments(0)