2009年01月

2009年01月30日

ブルーノ・ムナーリが、石に見つけた宇宙(3)

ブルーノは、石によっては想像の幅を広げます。
石の線が、時には森になったり竹林になったりもします。
最初の手に持たれた石は竹林の虎でしょうか?
密林のヒョウでしょうか?線の向こう側に描かれた動物が
ひっそりと獲物を狙っているようです。

真ん中の3つの石はいずれも雨ですね。
驟雨、豪雨、稲光と、石の中にいろんな雨を見つけています。

最後は、森のオラウータン?
木から木へ渡りながら、こちらを伺っているようです。

石の中には、いろんなものが眠っています。
私も石を捜して、中に眠っているものを掘り起こしてみたくなりました。

buruno012707.jpgburuno012708.jpgburuno012709.jpg


inada_design at 10:33|この記事のURLComments(0)

2009年01月29日

ブルーノ・ムナーリが、石に見つけた宇宙(2)

ブルーノ・ムナーリは、拾ってきた石を
昨日の写真のように"線が入っている石"とか"二重線の石"とか
"雲に見える石"、"道に見える石"などに分けて、分類してるんだと思います。
そして、今日ご紹介のように、ちょっと絵を加えています。

最初のは、一本線の石を並べています。
横開きの本を、写真の都合で縦撮りしてるので線が垂直ですが
実は、横につながる線なんです。
グラフィカルで、いい感じ。ポスターのようです。
ずっと続く道のようにも見えますし、川の流れのようでもあります。
出自は別々の石が肩を寄せあい、いい感じのコラボです。

隣の写真は、石に自転車が描かれています。
なんか、ほのぼのとしますね。いい天気の日に山間の道をのんびり走っているみたい。
風を感じます。

そして最後は、大海原です。
波に見える線の中には、航跡もあるようです。
一際白い石の線は、船の出す煙でしょうね。古き良き時代の船が
リゾート客を乗せて走っているようです。

ブルーノは、石の中に「宇宙からみた地球が見える」と言っていたそうですが
一筆加えて、それがロマンチックなものになりました。上手いなぁ。

buruno012704.jpgburuno012705.jpgburuno012706.jpg

inada_design at 10:16|この記事のURLComments(0)

2009年01月28日

ブルーノ・ムナーリが、石に見つけた宇宙

イタリアのデザイナーで、"ブルーノ・ムナーリ"と言う人がいます。
デザインだけでなく「霧の中のサーカス」とか、絵本もたくさん作っています。
その絵本が、私は好きなんですが…
なかに"FROM AFAR IT WAS AN ISLAND"という絵本があります。
"遠くからみると、島だった"とでも訳すんでしょうか?
子供向きの絵本と言うよりはアートブックのようですが、とても愉しい本です。
しかも、これが全編石だらけなんです。
浜辺で拾った石を、分類してあるんですが
これが、写真を見ていただくとお判りのように、日本の石とは全然違うんです。
なんか、イタリアの石はオシャレですねぇ。
ネイティブアメリカンの装飾品にも見えてきます。
モノクロの本なので、実際の色は判らないんですが…キレイそう。

私も旅先ではお土産に、その土地の石を一個持って帰ります。
浜辺や山など、そこらに落ちているなかから個性的なヤツを一個選んで
"野石"と呼んでお土産にしています。
そういえば、イタリアの海岸でこんな石を、見たことあるかも?
と、思い出してきました。

さて、ブルーノの石絵本ですが…実は、ここからが彼の真骨頂なんです。
それは…明日をお楽しみに。

buruno012701.jpgburuno012702.jpgburuno012703.jpg

inada_design at 11:16|この記事のURLComments(0)

2009年01月27日

冬の玄関飾り

昨年暮れに玄関扉脇に設置した石柱。
お正月の松もとれて、ちょっと寂しいままに立っていました。

生け花は、なにも床の間や室内だけでもないだろうと
この石柱に"投げ込み"をしてみました。
なんの植物やら?たまたま家にあったフェイクもののアレンジです。
柔らかい樹脂製のプランツなんで、もし雨にあったても大丈夫。

見る角度によっては、ちょっとバラけて今ひとつかなぁ?
でも、実ものが風に揺れて優雅な感じでもあります。
冬枯れた趣も感じられていいと思うのですが…

とえあえず、こんな風に季節にあわせて
玄関周りを飾ってみたいと思います。何かと便利な"飾り石柱"でした。

genkannishi012102.jpggenkannishi012101.jpg

inada_design at 10:20|この記事のURLComments(0)

2009年01月26日

海のライオン

旅行先で見つけた石ネタ紹介も、今日が最後です。
シンガポールで最後といえば…やっぱりマーライオンですよねぇ。
人魚姫や小便小僧と並び「世界三大ガッカリスポット」などと揶揄されてたのは昔のこと。
2002年には、場所もマーライオン・ピアに移され
正面から見えるように桟橋も造られて、故障で水を吐かなかったのも
修繕されて人気も復活してきたようです。

まぁ、石屋としては材の方が気になりますが…
彫刻家リム・ナン・センのお仕事は、きっちりとしていて好感が持てます。
しかし、マーライオンの"マー"はマーメイドのマーで「海」の意味ですが
ライオンを頭に持つ姿は、マーメイドとはだいぶイメージが違い
沖縄のシーサーとかと同じように、魔を払う獣神のようです。
たぶん、風水とか関係してるんでしょうねぇ。

merlion012601.jpg

inada_design at 10:54|この記事のURLComments(0)

2009年01月23日

ビンタン島で、石について考える

ビンタン島で、日本の石とは違うなぁ
などと見ていたら、小学校の頃の理科の時間で習った
「石は、どうしてできたの?」なんてことを思い出してしまいました。(笑)

ドロドロに溶けたマグマが固まって、最初にできたのが"玄武岩"でしたね。
この玄武岩が、隕石の衝突などでまたひび割れて地中で再び溶けて
比重の軽い石が地表で固まったのが"花崗岩"。これが大陸となったので
世界中で花崗岩は見られるんですねぇ。これが石の祖先というわけでした。

その後、火山から噴出したマグマで安山岩ができたり
れき岩や砂岩だのが、できていったわけです。
石屋としては、この石の祖先である固い花崗岩などがお馴染みなんですが
デザイン石は、色がキレイだったりカタチが変わっていたり
という石の方が、生活雑器に活かしやすいですね。

堅い話になっちゃいましたが、エントランスの山脈のような石をみたり
ニッチスペースのツルツルの石を見てたら、理科の時間を思い出しちゃったんです。
まぁ、豆知識のご披露って感じのネタになっちゃいましたが…(汗)
こう考えると、年月の詰まったタイムカプセルに見えてくるんですよねぇ…石が。

pool012301.jpgpool012302.jpg

inada_design at 12:02|この記事のURLComments(0)

2009年01月22日

ビンタン島のスパでのんびり

コンラッドホテルは、欧州の香りがするホテルで
大理石が豊富に使われていましたが
ビンタン島は、一転してアジアンリゾートの趣でした。
使われている石も、島特有の自然石が多く、ホッと和みますねぇ。

スパの入り口には、板石がグリッドに貼られていました。
グレーシュな割石の間の目地がオレンジでオシャレ。

リラクゼーションスペースは、お城の城壁のように
自然石が積み上げられていて、パッと目は和な感じです。
人は寛ぐ時、木や石など自然のモノに囲まれてると安心するんでしょうねぇ、

このスパの棚は、イナダ六本木ギャラリーの展示台にそっくりでした。
横板は木製でしたが、意匠は同じ感じです。
人間、国を超えても考えることはにてるんでしょうか?

このスパでの石使いは、このまま一般家庭で使えるモノばかり。
和みの家は、こうして自然石を取り込むことでできそうですね。

spa012201.jpgspa012202.jpgspa012203.jpg

inada_design at 11:25|この記事のURLComments(0)

2009年01月21日

行ってきました、シンガポール

社員旅行でシンガポールとビンタン島に行ってきました。
この不況時にとか、なんでいま頃?とか言われながら…でも、ちょっと良いことがあったので
みんなで社員旅行に出かけたわけです。

シンガポールはコンラッドホテルに泊まりました、
いつも思うのですが…ホテルは石材の宝庫ですねぇ。ロビーの床はもとより
あらゆる場所にふんだんに石が使われています。

ニッチデスクは半円形のデスク。木製で天板が石材でした。
ここまでは、よくありますが、2段になった下の棚も石性製。これはなかなか無いかも?

コンシェルジュデスクはモダンなデザインテーブル。
球体から石版が突き出ているようで、現代彫刻のようでした。
こんなキッチンカウンターがあったら、すごいけど…重いでしょうねぇ。
ミニチュア化して、デスクトップアクセサリーとしても、面白いですね。

最後は階段。まぁ、ホテルではよく見られる階段ですが
なにか、フレッド・アステアが燕尾服で軽やかに降りてきそう。そんな気分。
こんなのは、とてもできませんが
一般家庭でも、石の階段はアリじゃないでしょうか?
階段=木製ばかりじゃないですよねぇ。家の階段も、せめて踏み板部分だけでも石にしたら
ぐっとゴージャスかなぁ。なんて思ったもんでした。

明日は、ビンタン島で見つけた石をご紹介します。

conrad012101.jpgconrad012102.jpgconrad012103.jpg

inada_design at 17:03|この記事のURLComments(0)

2009年01月14日

モダンな灯籠を考えてみました

最近、冴え冴えとした月がキレイですねぇ。
やはり空気が冷たいとキレイに見えるんでしょうか?

それなら庭に灯籠があったら揺らぎがキレイかも?なんて考えて…
思いつきから、今風の灯籠を考えてみました。
まず本磨きで磨いた石柱の真ん中あたりに
ロウソクが入るように四角い穴を穿ちます。
残りの三方は、ドリルで丸い穴を九つあけます。
まぁ、言ってみればこれだけなんですが…

四角い穴を後側にして、ここからロウソクを入れます。
揺らめく炎は、きっとイイ感じになると思います。
一説によると、灯籠の影は人型になるとの話。
そして灯りを置く火口は、人型の影では心臓にあたるようです。
怖いような、ロマンのような…そんな訳でこの灯籠は真ん中が"火口"です。

ドットがあったらスリット。と、タイプの違うモダンな"火口"のデザインも
用意するつもりです。いかがでしょうね?モダン灯籠。
庭の土にしっかり埋めて愉しんでみたいと
私は思っているんですが…室内でもイイかもしれないなぁ。

※明日から写真旅行でしばらく留守になります。また20日以降にお目にかかります。
では、また。

tourou011401.jpgtourou011402.jpg

inada_design at 18:25|この記事のURLComments(0)

2009年01月13日

キャンドルで見た目も温かく

寒いですねぇ。
東京は、今朝今年一番の冷え込みだったそうです。
とは言え、九州や日本海側は大雪との話しもあり
冬本番と言うところでしょうか?

寒いのは、安全で火の見えない暖房機器の力を借りて凌ぐにしても
見た目には、今の季節「火」が見えると嬉しいですね。
東京では、囲炉裏や薪ストーブはなかなか手に入らないので
小さな火を愉しむしか手はありません。
ティーキャンドルやアロマキャンドルは、廉価で手にはいるのでいいですが
アルミにくるまれた姿のまま燃やすのも悲しいです。

イナダでは、そんな時に役立つ石のキャンドルホルダーを
あれこれと用意していますが…今日は、新作を考えてみました。

ランタンをイメージして考えてみました。
ちょっと手が込んでるので、職人泣かせですが
こんなのがあったら、男性にも受けそうです。上の編み状の部分が取れます。
卓上でもお風呂でも、いろいろと使えそうですが…どうでしょうか?

candol011301.jpgcandol011302.jpg

inada_design at 11:32|この記事のURLComments(0)