2008年06月

2008年06月16日

トルコの石が届きました

工場には、トルコから輸入した石がケージに入って積まれています。
キャンドルポッドやウォッチスタンド、マルチスタンドに使われているのは
ケージの上の方にあった石を使って作りました。
まだまだいろんな石があるのですが、ケージの下にあるモノは
ケージのワイヤー破らないと取り出せないんです。(汗)

いっぱい取ると崩れますから、危ないですねぇ…
まぁ、ちょっとサンプルを引き抜くぐらいなら大丈夫ですけどね。

で、工場の方からサンプルとしてケージの下にあった"ピンコロ"が送られてきました。
ピンコロとは、業界の呼び名ですが、いわゆるお安い石です。
石畳なんかに使われてるヤツですね。
でも、トリコのはアジアのとはやっぱり違います。
写真では分かり難いかもしれませんが、なかなか味があります。

こいうい四角石も、少し手を入れてやるだけで
面白いモノに変わりそうです。
ちょっと、こいつの活かし方をこれから考えてみますね。

pinkoro61601.jpgpinkoro61602.jpgpinkoro61603.jpg


inada_design at 12:07|この記事のURLComments(0)

2008年06月13日

ちょっと、嬉しくなって…

先日、当社のカタログを見て"傘立て"をお買いあげいただいた
目白の"メガネのスエナガ"さんが、「見た瞬間にこれだ!と思って
石の傘立てを買いました。」とブログで紹介してくださいました。

なんかお客様に応援をいただくのは、とても嬉しいですねぇ。
当ブログでは、148さんでお馴染みの"富山県の福光石工"さんも、
このブログを自社ホームページのリンクしてくださってます。

当初、端材の活用法のひとつとして、ポツポツとデザインストーンを作っていたのが
少しずつ応援していただける方々と知り合いになって
とうとうギャラリーまでオープンする事になって…
ちょっと感慨ひとしおです。な〜んて、ちょっとセンチぽいですが
温かいモノが胸に通ってくるようで嬉しいんですねぇ、こういうのは。

サボれないなぁ…なんて自戒しながら
これからも色々と石について思いを馳せつつ
デザイン石を開発していこうと思います。

blog61301.jpgblog61302.jpg

inada_design at 17:22|この記事のURLComments(2)

2008年06月12日

本棚用の雑誌ブックエンド

本棚用?とお思いでしょうが…
本棚って横巾があるのでギッシリ詰まっていれば別ですが
本が横に倒れちゃいますよねぇ。薄い雑誌などだとシナ〜と折れちゃって
始末に負えません。そこで、本棚の奥行きを利用して
本を格納できるブックエンドをデザインしました。

途中途中にタブのように中仕切りをを用意しておきます。
表面には雑誌のタイトルが見えるようにしてあります。
問題はどこまで薄く作れるかということでしょうね。
重いと扱いにくいし、薄すぎると強度が不足しますから兼ね合いです。

こうしておけば、雑誌ごとにまとめられるし
便利だと思います。いかがでしょうか?

bookend002-01.jpgbookend002-02.jpgbookend002-03.jpg

inada_design at 15:30|この記事のURLComments(0)

2008年06月11日

ギャラリーの空中庭園

準備中のギャラリーは3階にあるのですが
その窓の向こうに、容積率の関係でムダに空いてるスペースがありました。
約10畳はあるので、もったいないのです。
で、大家さんに交渉して庭を造らせていただきました。
屋上緑化にも繋がるので良いと思ってます。
防水シートや防草シートを設えて、クッション材を敷いて
玉砂利を敷きました。白じゃ味気ないのでピンクです。
そこに、板をアクセントとして置いて、ウッドロードにしました。(オーバー?)
まぁ、素足に玉砂利で足裏健康法もいいのですが、夏は熱いですからねぇ。
もちろん窓は壊して扉に替えました。(ちょっと大工事…汗)

PCBに汚染されてないオーストラリア産の枕木でベンチが作ってあります。
所々に大谷石のポットが置かれ"紫式部"や"ホトトギス"を植えました。
土盛りに直植えした"山あじさい"は花の盛りが終わってしまいました。

いまが一番花が無いときですね。
ゆくゆくは、ここに現代灯籠や石の椅子、現代的な庭石などを置こうと計画してます。
ちょっと楽しみな空中庭園です。

niwa61101.jpgniwa61102.jpgniwa61103.jpg

inada_design at 10:20|この記事のURLComments(0)

2008年06月10日

縦型ブックエンド

昨日は、会社を出たり入ったりミーティングなども盛りだくさん。
ブログが更新できませんでした。
わざわざお越しいただいた皆さんには、すみませんでした。

さて、今日はブックエンドねたです。
皆さん石製品でどんなアイテムに興味があるのかなぁ?と
検索ワードを調べてみると"ブックエンド"と言うのが
毎日結構な数出てきます。読書離れが言われて久しいですが
まだまだ愛読者はいらっしゃいますねぇ。

そんわけで、ブックエンドを色々考えてみようかと思います。
今日は珍しい縦積みのブックエンドです。
スチール製のは通販などで見かけますが…意外な人気らしいです。
下の本が取り出し難いかなぁ?と思いますが
それより省スペースで本が積み上げられるのが魅力のようです。

ムクからの切り出しで考えていますが
上段は負荷がかからないように、ちょっとだけ本が積めるようにしました。
読みかけの本などはこの棚にどうぞ。と言ってもスケッチだけですが。
レスが多ければ工場で試作をしたいと思います。
ちょっと、お高くなるかもねぇ(笑)

yayehon61001.jpgyayehon61002.jpg

inada_design at 10:13|この記事のURLComments(0)

2008年06月06日

新旧、山の箱根(その2)

今日は"新"のお話しです。
新とは言っても、箱根神社よりはと言うことですが…
旧男爵邸をホテルに改装したことでも有名な"箱根山のホテル"。
明治期の面影を残すように、あちこちに石が使われていますが
この、使い方が結構モダンです。

まず、エントランスにはヨーロッパのような石畳。
塀にも鉄平石でしょうか?平石が積まれています。
この様式が、レセプションやクロークにも用いられ
クラシックな様式が、逗留者の心を癒しています。
エントランスの太い柱も、一番下は石組みになっていてオシャレ。

コーヒーラウンジには、年を経た大谷石で組まれた暖炉が鎮座してます。
風格ありますねぇ。
明治期の建築様式には、このようにモダンな石組があちこちにあります。
その時代に合わせて、石の使い方も変化してるわけですね。
こうなると、いつか遠い未来に今を振り返ったとき
現代の石の使い方は誇れるのでしょうか?

自戒しながらデザインに臨みたいなぁ…なんて思っちゃいました。

yamanohotel60601.jpgyamanohotel60602.jpgyamanohotel60603.jpg

inada_design at 10:12|この記事のURLComments(0)

2008年06月05日

新旧、山の箱根

昨日は、梅雨の晴れ間で芦ノ湖は気持ちのいい天気でした。
風に吹かれて、箱根神社と山のホテルを取材して
ちょっと、石の新旧を目の当たりにしましたので、今日と明日でご報告します。

まず今日は"旧"のお話し。
箱根神社は、最近縁結びのご利益で一躍有名になった"九頭龍神社"の新宮が
あることでも知られていますね。
古代からの山岳信仰の霊地らしく、歴史は古いです。
それを表すように、参道の石も苔生し脇から曾我兄弟が出てきそうな感じ。
石畳も古人の様式なのか?センターに四角い石が敷かれ
脇に丸石が埋められています。歴史の彼方の武人達もここを通ったのでしょうね。
そう思ってみると、苔の乗った灯籠も風格が増す気がします。

時代を経た石が醸す風情は、歴史への誘いに見えます。
これも、ひとつの石の在り方ですね。

jinja60501.jpgjinja60502.jpgjinja60503.jpg

inada_design at 11:30|この記事のURLComments(0)

2008年06月04日

野趣豊かな花器を考えました

検索ワードをチャックすると。"花器"を探している方と
"ブックエンド"を探している方が多く見受けられます。
そこで、ご要望に応えて…とりあえず"花器"を考えてみました。

まず、円柱の花器を削り出します。
これだけだと芸がないので、縁を欠きます。
イイ欠け具合になるかは、文字通り賭けですが…(笑)
ここが巧く欠けると、野趣豊かな花器になりそうな気がします。
名付けて"ぶっ花器"(汗)

磨いたあとの表面にも、カッターで傷をつけて景色を加えられればと思います。
このあたり、職人さんは苦手そうだなぁ…(笑)
キレイに作ることに慣れてる人は、壊せと言われたり
傷つけろと言われると、手が縮むと思います。
でも、ここがキモなんでねぇ。

どうせなら、仕上がりイメージに、いまが旬の"枇杷"の絵を描いてみました。
手慰みですが、活けた感じに見えますでしょうか?

bukkaki60401.jpgbukkaki60402.jpgbukkaki60403.jpg

inada_design at 10:10|この記事のURLComments(0)

2008年06月03日

ガーデンライトは、いかがでしょう?

新しくできるギャラリーには、空中庭園があります。
3階のちょっと広めのベランダを庭にしたモノです。
夏に向けて、ここでビールでも飲めるように(?)
ガーデンライトを作ろうと思います。

電灯もいいのですが、蝋燭のゆらぎもいいなぁ…と、キャンドルタイプにしてみました。
高さ1mほどの円柱で、上から15cmほどが着脱できるようになります。
下はムクの円柱で庭土に刺します。
頭部を外すと、そこにはキャンドルが設置できるよう凹みがあります。
頭部は空間がありサイドの4面には穴を穿ち、蝋燭の灯りが漏れるようになっています。

また、頭部は同じサイズにして、灯り窓のデザインを複数作り
取り替えられるようにも考えています。
初夏から秋まで、ベランダや庭で過ごす事が多くなると思います。
こんな、ガーデンライトで癒しのナイトはいかがでしょうか?

gardenlight60301.jpggardenlight60302.jpggardenlight60303.jpg

inada_design at 10:24|この記事のURLComments(0)

2008年06月02日

小さいけれど、しっかりもの

今日のネタは、プライス・ディスプレイです。
ギャラリーオープンに向けて、石材を使った展示アイテムを作っているんですが
プライス・ディスプレイが、できあがってきました。
高さ1cm巾3.5cmほどの小ささです。
ここにプライスを貼って、展示物の価格表記にしようと思っています。
小さく値段を彫り込めばオシャレでしょうが…価格が変わる場合もありますからねぇ。

実は、このプライス・ディスプレイは、思いのほか手が掛かっているんです。
この小ささなのに、なんと全面鏡面本磨き!面取り部分までピカピカです。
材もスエーデンブラックと高級品!
スタッフは、箸置きやカトラリースタンドとしても使える!と絶賛でした。

ファッションアイテムや、バッグなど、または骨董品など
高級アイテムのプライス表示に相応しい風格があります。
お店のディスプレイにいかがでしょうか?…と、
これも売ってしまおうという、商魂のたくましさです。(笑)

price60201.jpgprice60202.jpg

inada_design at 12:08|この記事のURLComments(0)