2008年01月

2008年01月31日

バレンタインに石のハートを

もうすぐバレンタインデイですね。
百貨店をはじめスイーツショップ、ネット通販などはチョコレート情報が満載になっています。
チョコは定番にしても、+1点。個性を出せるアイテムを添えるのが
ここのところ多くなっているようですよ。

そんなアイテムに、"石のハート"はいかがでしょうか?
キレイな大理石がハート型にカットされています。
ジェットカッターなので、外の矩形からハートが切り出されていて
元に戻せば、ピッタリはまります。
もちろんジェットカッターの巾分は、ゆるくなっていますが…

「固いハート=ゆらがない気持ち」って感じです。
ハートをあげて、自分はハートが切り取られた方を持っているのもイイですよね。
バレンタインのチョコに添えていかがでしょうか?

※この商品は、ブログ画面の左上のURLから
ホームページに行ってお買い求め戴けます。

vd13102.jpgvd13101.jpgvd13103.jpg


inada_design at 11:12|この記事のURLComments(0)

2008年01月30日

デザインブックエンド第2弾

昨日、デザインブックエンドをアップした後も
このオーソドックスな"L字駆体"を利用すれば、
いろいろなタイプのブックエンドが出来るなぁ、とちょっと考えてしまいました。
そこで、もう一つだけアイディアを描いてみます。

幾何学タイプは、どこにでも合うし人も選びませんが
もう少し、生活寄りのデザインはどうだろう?というのがネタです。
例えば、愛犬家、愛猫家のためにペットのシルエットを彫る。とか
好きな植物のシルエットを彫るのはどうでしょう?
完全に彫刻するのだと費用もかかるので
シルエットをジェットでカットするして接着するのがイイと思います。
まぁ、私はこの方が彫刻よりオシャレだと思いますが…

反対面は、ペットの好きなボールとかをデザインするのも面白いです。
反対面は、ただのL字にしておくのもアリですね。

bookend0113001.jpgbookend0113002.jpg

inada_design at 10:19|この記事のURLComments(0)

2008年01月29日

デスクを飾るデザインブックエンド

花粉が飛び始めるなんて、迷惑な話ですが…季節は、もう春の予感がします。
そして、春は新入学をはじめ、社会人としてのスタートの季節でもありますね。
だからでしょうか?検索ワードをチェックすると
"ブックエンド"を探している方が結構います。

考えてみれば、イナダでは"自然石タイプ"のブックエンドしか作ってなかったので
ちょっとデザイン的なモノを考えてみようかと思い、スケッチしてみました。
L字のカタチは、ブックエンドしてはお馴染みですね。
石をこのカタチにカットするのは、そう大変ではないので
色々なサイズを作ることができます。
そして、L字の空間部分に幾何学的にカットした石を填めたらどうだろう?
できれば共色ではなくて、色石が使えたら面白いんじゃないかと思ってます。
この部分は、掘り抜けるわけではないので、後付けです。
石用の接着剤でしっかり留めようと思います。

図形の部分は、スケッチのように▲や●を厚みをもってカットする他
球もアリですね。星やハートでも面白いかも。
どうでしょう?幾何形ブックエンド。

bookend12901.jpgbookend0112902.jpgbookend0112903.jpg

inada_design at 10:15|この記事のURLComments(0)

2008年01月28日

ストーン・プランツのご提案

最近、フェイクの植物を、部屋の壁に飾るのが流行っているようですね。
大手通販のカタログにも、本物そっくり!と載っていますが…
どんなに樹脂で本物そっくりに作られていても、私は、ちょっと手が出ないんです。
だって、似てれば似てるほどコピーとしての本質が出て来ちゃいそうです。
むしろ本物そっくりというコピーモノより、
別素材でできていた方が、面白いんじゃないか?
じゃぁ、石で作ったらどうだろう?と思いつきました。
そこで、イメージ画を作ってみました。

こういうのは、敢えて大理石かなぁ?化石なんか付いてら、なお面白いし。
なまじグリーンの石だとかえってつまらないでしょう?
ジェットカッターで作れば、モンステラをはじめ、クワズイモ、バショウ。
モミジやツワブキなど、いろんな葉っぱが切り出せます。
小さなモノや大きなモノ、色々あったら愉しいかもしれません。

そのまま、皿やトレイとして使ってもイイし
額装したら、リビングやデスクトップに置いて格好いいと思います。
石の植物。アリじゃないでしょうか?

stplants12801.jpgstplants12802.jpg

inada_design at 11:10|この記事のURLComments(0)

2008年01月25日

ミッドタウンで見つけた、木のベンチ

先日のミッドタウン散策の時に、ちょっと気になる椅子を見ました。
ミッドタウンは、イメージコンセプトが「木」のようで
置いてあるモノの素材は、圧倒的に木が多いです。
このベンチも、木なのですが、ちょっと面白く変形しています。

上面分と底面部が角度がついて、立方体が捻れたようになっているんです。
構造が分かる角度で撮っているので、不自然に捻れて不安感があるように
見えるかもしれませんが、実はなかなかイイ感じです。

東京都庁舎も捻れながら建っていて
これは、どうかなぁ?と言う感じですが…この椅子は、ちょっとイイ感じです。
でも、これを石でやろうとすると難しいんですよねぇ。
日本の職人さんが作ると高くなっちゃって採算性が合わない。
単体で中国に発注するのもねぇ…難しいところです。

こういう歪みとか捻れが、うまく"デザイン石"に活かせたら面白いと思います。
工場と話しながら、なにかしらチャレンジしてみたいと思います。

nejire12501.jpgnejire12502.jpgnejire12503.jpg

inada_design at 15:02|この記事のURLComments(0)

2008年01月24日

石のベンチを考えてみました

石のベンチが置けるのは、基本的には公共の場所でしょうが…
庭やベランダにもなかなか相応しくてイイです。
何より良いの、は風雪に耐えて傷まないところでしょうか。

でも、外だと冬は冷たくて夏はあるいという短所も否めません。
じゃ、あ快適な時季により快適に過ごすには…と考えて
木陰を作ることにしました。
ベンチに一角に植木が入れられる穴を開けて、ここにポットの植物を入れるんです。
バーミキュライトなど根腐れしないタイプでしたら直植えも可能です。
初めから庭のここ!と場所が決まっているなら
貫通穴にして、地面に根が伝わるようにしてもイイですね。
これだと、木が大きく育って木陰が豊かでとてイイかもしれません。
どうでしょう、木陰のできるベンチ。なかなかいいでしょう?

ベランダ用には、重さ軽減のため中身をなるべく空洞化するように
掘り込んだほうがいいかなぁとも思っています。

春は低木や花モノ。夏から秋は木。
流行りのモンステラだけでなく、楚々とススキなんかも面白いかもしれませんね。

ishibench12401.jpgisibench12403.jpgishibench12402.jpg

inada_design at 12:11|この記事のURLComments(0)

2008年01月23日

ミッドタウンで、ちょっと散策

ブログのウォッチデータを定期的に見ていますが…
"石のベンチ"や"石の椅子"という検索ワードで
お越しいただいている方が、結構いらっしゃいます。

ご家庭用に見てるのか?定かではありませんが
取りあえず、公共の場所にはどんなベンチが置いてあるのか?
近場の東京ミッドタウンに見に行ってました。

写真の一人用ベンチは木製ですが、四角四面ではなく
側面にアールがつけてあり、やさしい面影を持っています。
貫通穴は□と○で、アクセント意匠となっています。
ダークな茶色も落ち着いてイイですね。
石は、丸く開ける簡単ですが四角く開けるのは大変なんで
なかなか、こういうデザインはできないですねぇ。
長いベンチもあったんですが、こちらは普通に直方体でした。

見ている間にも、人が座っては立ち活躍してました。
子供達も遊び気分で使って居るみたいです。
なるほどね。人が集まるという事はイイですね。

今日、石のベンチについてスケッチを起こしながら考えてみます。

ishibench12301.jpgishibench12302.jpgishibench12303.jpg

inada_design at 10:10|この記事のURLComments(0)

2008年01月22日

影彫りのカレンダー・イナダ風

イナダで影彫りカレンダーを作るなら?とデザインしてみました。
いくら薄くしても石製なので、あまり大きくはできませんね。
でも、装飾性はあった方がイイし…
などと考えて、作ったのが下のデザインです。

ちょっとデザイン優先で、曜日が見にくいかもしれませんが…
まぁ、ご愛敬です。
こんなポスター風デザインでも、影彫りでカレンダーができますよ
っていう見本になるでしょうか?

と、ここまで書いてきて…
じゃぁ、石のポスターを作ったらどうなんだろう?と思っちゃいました。
ショーウィンドーにモード系のイラストを彫り込んで
店名ロゴを入れたりしたら、日に焼けての退色もしないし
折れ曲がったり傷ついたりしなくていいですよね。

写真やロゴなどがあれば、彫り師が正確に彫り上げますから
格好良く仕上がります。
ちょっと、試してみようかなぁ…

inada200812201.jpginada200812202.jpg

inada_design at 10:26|この記事のURLComments(2)

2008年01月21日

影彫りのカレンダー

中国では、年の初めに"影彫りのカレンダー"を作ります。
我が社にも。中国の取引先から送られてきます。
イナダブログではお馴染みの"影彫り"。みなさんご存じだと思いますが
念のために復習しますと…
石にノミで写真やイラストなどをコツコツと刻んで作るモノです。
書くと簡単ですが、実際の作品は目を奪われます。
叩いて作るデコボコだけで、ほとんど写真のように彫れるんですから…
写真転写の機械彫りもありますが、出来が全然違いますね。

この技を使って1年モノのカレンダーを彫るわけです。
まぁ、ほとんどが数字なので力が今ひとつ発揮できてないようにも思えますが。

あとから、彩色したりもできます。
中国製のカレンダーにはネズミのキャラクターが、カラーで彫られていますが
ちょっと、ぼかさないと載せられませんね。(いわゆる大人の事情です。)

じゃぁ、イナダがカレンダーを彫ったら?
これは、明日掲載しますね。

calendar12101.jpgcalendar12102.jpg

inada_design at 10:17|この記事のURLComments(0)

2008年01月18日

合格タコ、ふたたび

センター試験も間近なので、"合格タコ"を、今一度考えてみました。
(いまからじゃ間に合わないけど…汗)

トレイやディッシュも考えたのですが…
やっぱり身に付けられた方が、ご利益がありそうかなぁ?と
ペンダントトップ仕様にしてみました。

ヨーロッパではタコはあまり食べないし、デビルフィッシュと呼ばれ
忌み嫌われてるという話は、良く聞きますが
ポメラートをはじめジュエリー世界では、モチーフに使われていますね。
まぁ、イタリア人はタコを食べますし、ポメラートはイタリアブランドなので、
あって不思議はないのですが…
ポメラートのdodo言葉では、タコには"強く抱いて"という意味があるそうです。
合格にも、愛にも通じるTOPにもなるでしょうか?

最初のは、ジェットカッターで「タコ型」にカットして革ひもに
ぶら下げたら、ちょっとお茶目でイイかなぁ?表面はビシャン仕上げが大人っぽいかも。
次は、カメオ風にタコ型が浮き出たら、面白い?というアイディアです。
こちらは鏡面仕上げがイイでしょうねぇ。

最初のは、足先が肌にチクッとするのがミソですが
次のは楕円で、肌にもやさしい感じにと考えました。
お茶目可愛い石のタコ、ちょっと面白いかもしれません。

tako11801.jpgtako11802.jpg

inada_design at 11:57|この記事のURLComments(0)