2007年12月

2007年12月28日

インドで見つけた!(その2)

今日で、イナダのブログも今年の更新は最後です。
来年は1月7日から、またお目にかかりたいと思います。

さて、今年の最後はインドもので締めることになります。
昨日と同じように、私がちょっと惹かれたインドの紋様のご紹介です。
今日はエクステリアのネタ。

まずは円柱です。まぁ、一般家庭に円柱があるとも思えませんが
階段の柱や花壇の花立てなどに応用が利くなぁと考えてます。
仏教紋様は外しても、縦の溝が美しくバルーン状の上部とのリンクがキレイですね。
窓もなかなかイイでしょう?
ストゥーパを模した、かまくら型の窓も可愛いのですが
その周りに、窓と同じ形状の浮き彫りが配されているのがイイです。
こういう繰り返し紋様は、使えるアイディアですね。

最後は、半レリーフで矩形に掘った部分に浮き彫りがなされています。
なんか、現代的な意匠に見えますよねぇ。
玄関脇にこの手法で表札ができていたら、かなり格好イイ!

温故知新じゃないけど、昔の作品をまじまじと見てると
現代にデザインが浮かんできます。
来年も、色々と提案していきたいと思います。
今年も一年ご愛読いただきまして、ありがとうございました。

india122801.jpgindia122802.jpgindia122803.jpg


inada_design at 10:45|この記事のURLComments(0)

2007年12月27日

インドで見つけた!

今日と明日は、インドの遺跡で見つけた私のお気に入りです。

まず今日は、レリーフです。
仏教ぽいところを抜かして見ても、紋様がキレイ。
渦を巻く蔦のような模様やら花弁。動物や花などが描かれています。
こんな精緻な彫刻を施していては、デザインストーンが
法外な値段になりそうで…とっても現実的ではないんですが
石の灯りの角部分にちょっと装飾したりできたらいいなぁ、なんて考えています。

石板に、こういう植物紋様を施して壁飾りにしたり
額に仕立てたりしても面白いなぁとも思っています。
シンプルをモットーに、いつも制作していますが
たまには、凝った紋様をあしらうのもイイかもしれない。
そんな風に、インドの遺跡に触発されました。

india122701.jpgindia122702.jpgindia122703.jpg

inada_design at 10:34|この記事のURLComments(0)

2007年12月26日

インドで世界遺産の遺跡を見る(エローラ石窟その2)

エローラの石窟は、仏像や宗教的な作り物を外して眺めると
そこここに、どことなくヨーロッパを感じます。
柱や建物の意匠に顕著に現れてる気がしますが、何故なんでしょう?

ローマの神殿といわれても、そう見えちゃいそうですよねぇ。
文明というのは、不思議なものだなぁと思います。
若いときなどに、一時期インドにすごく填るときがありますが…
かつてのビートルズや横尾忠則などのアーティストもそうでしたね。

彼の地には、人間の根元的な力の源があるからでしょうか?
インドで観た、様々な石の遺跡に心うたれた旅でした。

india122601.jpgindia122602.jpgindia122603.jpg

inada_design at 11:01|この記事のURLComments(0)

2007年12月25日

インドで世界遺産の遺跡を見る(エローラ石窟)

今日は、インドの石遺跡紀行も最期の地、エローラも石窟です。
ここには、合計で34もの石窟があります。5世紀から10世紀までの
長い時間をかけて掘られています。まぁ、途方もない時間と労力です。
しかも、何度もため息が出るのは…
これが全て、地上から掘り下げながら作られたモノだということです。
まったく、人の力というのに驚かされます。

全景は、山が掘り抜かれているように見えます。
アジアの神殿のようなものから、
ベランダがついた3階建ての現代的なマンションのようなものまでありますが
いずれも精緻な彫刻が施され、ここが仏教寺院だと改めて思いださせます。

全部丁寧に見て回ったら、ゆうに3日はかかりそうです。
インドの民は、凄いなぁ。

india122501.jpgindia122502.jpgindia122503.jpg

inada_design at 11:11|この記事のURLComments(0)

2007年12月21日

インドで世界遺産の遺跡を見る(アジャンタ石窟その2)

アジャンタ石窟は仏教窟ですので、たくさんの仏像があります。
例えば、最初のは第9窟、そして第19窟、最後が第26窟。
このように、時代と供に意匠も変わりますが
その技術は伝承され、確実に磨かれていっています。

2番目の写真の右下に人が写っていますが、これで大きさがわかると思います。
更に脇の柱や天井を考えると、いったいどれだけの歳月を掛けて
作られたんだろうと、オドロキを通り越して見惚れてしまいます。
しかも、穴の中ですからねぇ。閉所恐怖症の私には考えられません。

いま、これを作るとなったら機械を使ったとしても
膨大な費用がかかるでしょうから…
こういうモノは、なんとしても残し伝えていって貰いたいと思いますねぇ。

アジャンタ石窟。壁画に仏塔、回廊と見るべきモノが多かったです。

india122101.jpgindia122103.jpgindia122102.jpg

inada_design at 10:48|この記事のURLComments(0)

2007年12月20日

インドで世界遺産の遺跡を見る(アジャンタ石窟)

さて、世界遺産3箇所目の遺跡は"アジャンタの石窟"です。
ここは、紀元前2世紀に開窟されて以来、7世紀まで。
ワーグラー川に沿って、ヘアピン状に形成された岩肌に
第1窟から28窟までが、非常に長い年月をかけて作られました。
しかし、これだけの岩山を削り出すなんて…人間は凄い!

第1窟では石に描かれた壁画を見ることができます。
高温多湿のインドで、これほど鮮やかな壁画が残っているのが不思議です。
日本では高松塚古墳の壁画が、発掘されたらドンドン色あせたり
黴びに侵されたりしたのに…
(壁画や遺跡を守るため、フラッシュ無し、三脚無しなら撮影ができました。)

悠久のインドの底力を見たようです。

india122001.jpgindia122002.jpgindia122003.jpg

inada_design at 10:12|この記事のURLComments(0)

2007年12月19日

インドで世界遺産の遺跡を見る(サンチー遺跡)

次に訪れたのが、サンチー遺跡です。
ここは、アショカ王が任地に赴く途中に休息し
その時に商家の娘を見初め結婚した地と言われています。
ここで王子王女が誕生し、精舎が建設されたそうです。
いまでもストゥーパが3基現存しています。

ここで見るべきモノは、なんといっても"塔門"です。
これは、日本の鳥居の原型と言われています。
日本の鳥居は、シンプルさを誇り、これはこれで美の極致ですが
インドは、逆に精緻な彫り物を誇ります。
彫られているのは仏陀の生涯や仏教説話なのですが
具象的に細かく彫り込まれていたりする一方
大胆にデフォルメしてデザイン的な省略があったりして、見る者をいつまでも離しません。

いやぁ、さすがにユネスコが文化遺産(世界遺産)に、指定しただけのことはあります。

india121901.jpgindia121902.jpgindia121903.jpg

inada_design at 10:32|この記事のURLComments(0)

2007年12月18日

インドで世界遺産の遺跡を見る(カジュラーホ遺跡その2)

カジュラーホには、セクシャルな像だけでなく
動物もたくさん彫られています。
ヴァラーハ寺院にはヴィシュヌ神の化身であるイノシシの像が
大きく祀られていて、みんなが霊験を求めてか?
触るので、身体に彫られた仏像が摩滅してカタチが甘くなっています。
他にも、象や馬などが巧みに彫られています。
これらの意匠は、どことなくアジア共通のカタチをしています。
タイや中国でも散見される様な気がします。

何千年もの時を経て、なお残るのは石に彫られたモノくらいなんですね。
エジプトしかり、イタリア、イギリスしかり。
いまの先端メディアに保存された情報は、ハードの様式が変われば
中に入ってる情報が読み出せないですもんね。
プリミティブだけど、人の思いが刻んだモノは、やっぱり凄いなぁと感心しました。

india121801.jpgindia121802.jpgindia121803.jpg

inada_design at 10:30|この記事のURLComments(0)

2007年12月17日

インドで世界遺産の遺跡を見る(カジュラーホ遺跡)

イナダでは時々ですが、メンバーが世界の石を訪ねて旅行に出ます。
先人達の石への思いや技術などを見にゆくのが目的ですが
いつも、人間て凄いなぁと思わせるモノにぶつかります。
今回のインドは、やはり石の国で凄いモノいっぱいでした。
今週は、訪ねた先の石の遺跡をレポートします。

まずは、"カジュラーホ遺跡"です。
この遺跡は、1000年も前に建てられたものでヒンドゥー教とジャイナ教の二つの
宗教寺院が西、東、南とあります。
どれもインドらしい"ミトゥナ像"と呼ばれる大らかなでセクシャルな像が
たくさん彫られています。テーマはともかく
その技術は目を見張りますね。浮き彫りの巧みさが凄い!
また、細かい紋様が一面に彫り込まれていて
往時の方々の信仰への熱い気持ちが伝わって来ます。

イナダも大きな彫刻モノを扱っているので、参考になりました。

india121701.jpgindia121702.jpgindia121701.jpg

inada_design at 12:42|この記事のURLComments(0)

2007年12月14日

塀にも、ちょっとアクセント

今日は、塀のお話し。
昔は、大谷石の塀などがあって、趣があって良かったのですが
最近はブロック塀が多いようですね。
大谷石は火に強いので塀に使われたんですが
雨とか風雪に弱く、風化しやすいので長い間にカタチが甘くなります。
私は、そこも含めて大谷石が好きなんですけど…

ブロック塀の場合、一面が同じでつまらないなぁと思われる方に…
こんなのもあります!と、ご紹介したいアイテムがあります。

最初のは、まーるく穴が開いていて、向こう側が見えます。
こういうモノを。飛び飛びに填めるだけでも
風のながれも生まれて、植物にもいいし、開放感があります。
(防犯にもイイかもしれませんね)
もう一つは、塀にあける「窓」です。
出窓のように石の台もあり、内側には植木鉢が置けます。
通りがかり人にも、塀内の花が見えてイイ感じですよぉ。

いずれも、御影石のビシャン仕上げで見た目もイイです。
(※施工例など、東洋石創さんの建材カタログから転用させていただいています。)

hei121401.jpghei121402.jpghei121403.jpg

inada_design at 10:50|この記事のURLComments(0)