2006年12月

2006年12月12日

キャンドルタワーが、できました!

グレーのグラナイトで、キャンドルタワーを作りました。
サイズバリエーションは6型。一番大きいものが高さ150mmです。
その他は125mm、100mm、80mm、50mm、30mmと段階的に低くなっています。
結構カワイイですよ!一番大きな150mmでも重さは750g弱。
一番小さなモノは50gしないくらいです。
これならちょっと触れたくらいでは倒れないし安全かも?
もちろん一番低いのは軽いですが、低さ故に倒れませんから大丈夫!

表面は軽く磨いてあって、バリバリの鏡面磨きではありませんが
しっとりと手にスベスベな感触です。
お好きなサイズが選べるので、使い方のバリエーションも広がりますよ。
市販のアロマキャンドルが、スッポリとはまるので便利!
あなたは、どのサイズがお好みでしょうか?

Candle01.jpgCandle02.jpgCandle03.jpg


inada_design at 12:38|この記事のURLComments(2)

2006年12月11日

本格的なストーンテラピーなら…

先週は、石一個持ってるだけで和みます。
と言うお話でしたが…
本格的なストーンテラピー用の石もイナダでは扱っています。
まぁ、一般の方には関係ない話ですが
世間話として聞いていただければ…なんてね。

そもそもストーンテラピーって、
数種類の天然石を使ったオイルトリートメントなんです。
使われる石は、ホットタイプは玄武岩。
クールタイプは大理石なんかが使われています。
石のエネルギーをその重さと共に身体に送り、新陳代謝を活発にする様です。
効果のほどは、人それぞれでしょうが
リラクゼーションの一環と考えていただければ良いんじゃないでしょうか?

最近注目の"岩盤浴"もそうですよね。
じんわ〜り温かくビックリするぐらい汗が出ますもんね。
なんか、奥深いところで効果があるんでしょうね。

写真は中国で作った、ホットストーンテラピー用の玄武岩です。
小さいのと大きいのが金属でジョイントされているモノや
亀の甲羅のようなモノが、大きいのやら小さいのやら…
結構いろんなカタチがあるでしょう?
施術者が身体の部位に合わせていろいろ使い分けるようです。

これから寒くなるし、お正月休みにのんびり受けてみようかなぁ?

therapy02.jpgtherapy03.jpgtherapy04.jpg

inada_design at 10:50|この記事のURLComments(0)

2006年12月08日

ストーンテラピーってほどではなくても…

最近、ストーンテラピーって言葉をよく耳にしますね。
アロマテラピーなど癒し系の療法が着目されているなか
遂にというか、やっとというか?"石"にも注目が集まってきたようです。
石に関係する者としては、ちょっと嬉しいですね。
しかし、ストーンテラピーをするには
専門の知識や術を持った処で受けた方がイイと思います。
療法と言うくらいですから、半端にしない方が良いんじゃないでしょうか?

でも、それほど大げさな事でなくても
石を持っているだけで癒されると言うことも有ります。
別にパワーストーンでなくても良いんです。
なんかカタチが気に入った!好きな色ね!なんて感じで見つけた小石にも
癒しがギッシリ詰まっているような気がします。
私も、机の上に小石を置いて、ちょっとアイディアに詰まった時なんか握ったりしています。
自分の体温で温まった石は、とてもイイ感じです。
寒い日には、ちょっと温めた石をポケットに入れておくと
通勤時も和やかになる気がします。(カイロよりいい気がするんですよ。)

皆さんも、"パリジャンの焼き栗"みたいに、ポケットに小石を一個どうぞ。
ちょっと、心までホワッとしますよ。

therapy01.jpgjari01.jpg


inada_design at 08:47|この記事のURLComments(0)

2006年12月07日

石の行灯?和柄なケースを考えた

スタイリッシュな"石の灯り"は、3部作で終了!と言っておきながら
造形的に、ちょっと男性ぽいかなぁ?なんて思って…
「曲線のデザインが、今の機械で彫れたらなぁ」とつぶやいたら
イナダの女性スタッフが「中国で試作作れば、大丈夫じゃない?」と言ってくれた。
そうか、その手があったか!と、早速デザインを起こしてみました。

題して"花火"と"野草"。ちょっと和柄な感じでイイと思うんですが…どうでしょうか?
ナイトライトとして、枕元に有ったらお洒落かもね。
「天に向かいて、クルリと輪を描きたる、ツル様に漏れる光、いとおかし」
(なんちゃってね)
石の色味も和風な感じが良いかもしれない。
「ビシャン」仕上げで古風な雰囲気にするのもイイね。
K君と相談してみましょう。

ケースのトップを皿状に凹ませて、アロマオイルを落とせるようにしたら
ライトの熱で、部屋に香りが漂い快眠出来るかもしれない。
これもまた。ちょっと良いアイディアかも?(相変わらず自画自賛)

wagara01.jpgwagara02.jpg

inada_design at 00:09|この記事のURLComments(0)

2006年12月06日

石の灯り、3部作完成!(その2)

昨日、ダブルスリットの点灯シーンを載せるの忘れちゃいました!(汗)
遅ればせながら、本日公開です。
どうですか?ちょっとシックですよね。
これは、石色がチョコレートなんで、磨いてピカピカな鏡面がキレイ。
白熱灯のオレンジっぽい色とマッチして
なにやら、美味しそうな色合いのライトです。(笑)

ついでに、オールスターキャスト勢揃いの写真も載せておきますね。
同じタイプのライトなのに、ほら表情は全然違うでしょう?
ぜひ、天井の電気を消して、冬の日に温かで仄かな光をお楽しみください。

bolight17.jpgbolight16.jpg

inada_design at 11:17|この記事のURLComments(0)

2006年12月05日

石の灯り、3部作完成!

石の灯りを今まで紹介してきましたが、
このシリーズの最期をかざるのが、このダブルスリットのケースです。
チョコレートブラウンの落ち着いた色目で、とってもシック。
洋間にピッタリかもしれませんね。

ダブルスリットなので、シングルに比べスリット幅が狭くなっています。
その分、カッターの刃先コントロールが大変で
実は作業難易度が高いんです。(汗)
今回の試作分も、微妙にスリットの位置に違いがあったり
カッター跡がちょっと荒々しかったりと反省点もあります。
でも、全体的な雰囲気はイケてるでしょう?

今の機械でできるデザインは、この3部作で終了ですが
もう少し凝ったデザインを、中国の工場と相談しながら作ってみようと思います。
どんなモノか?
それはまた設計図で紹介しますね。お楽しみに。

bolight13.jpgbolight14.jpgbolight15.jpg

inada_design at 10:31|この記事のURLComments(0)

2006年12月04日

石のアクセサリーは、いかが? (その2)

週があけてからもアクセの続き。土日を挟むと、なにやら以前の話のような気がしますが…

今日は、読者の女性から戴いたメールの画像の転載です。
やはり息子のとは違って、女性らしいデザインのアクセですね。
色もワインレッドでキレイ!
写真では大きさが分かりませんが、紐の太さから察するに
ちょっと大き目のようですね。
でも、これくらいじゃないとインパクトに欠けるし
宝石や貴石は小さい方が品があって良いけど
この手の石は大きめの方が、グッと映えますよねぇ。

これからの季節、オシャレして出かける機会も増えますが
こんな石のアクセを上手に使いこなすなんて…センスを見習いたいですね。

ちょっと刺激されたので、いつかアクセデザインにも挑戦してみますね。

Accessory03.jpgAccessory04.jpgAccessory05.jpg

inada_design at 10:35|この記事のURLComments(0)

2006年12月01日

石のアクセサリーは、いかが?

息子の部屋で見つけたペンダントトップは、石モノでした。
普段、仕事で石モノに目を光らせているのに
こんな身近に石モノがあったなんて!

そう言えば、随分以前に石のペンダント買いました!と
読者の方からのメールを見せてもらったこともありました。
そうか、石のアクセサリーもあるなぁ。
宝石や貴石も石っちゃ石ですが、これは別格。高いもんねぇ。
身近な石でいろいろ遊ぶのも良いかもしれません。
昔に戻って曲玉(まがたま)みたい?(卑弥呼か?)

バカラにもガラスのアクセがあるけど
あれくらいの重さまでは大丈夫なわけですね。
先日来、ネタになってる大理石の砂利なんて
アクセにピッタリかもしれない!

社長が、「もうちょっと細かい加工ができる機械を、そのうち買おうか?」
と言ってましたので、そうしたら可能ですね。
ちょっと楽しみ!

Accessory01.jpgAccessory02.jpg

inada_design at 11:05|この記事のURLComments(0)